奈良教育大学
教育学部
社会科教育講座

准教授

河本 大地

コウモト ダイチ
KOHMOTO DAICHI

プロフィール

  1. 岡山県建部町出身。広島大学より博士(文学)を取得。
    専門は地理学、農山村地域研究、観光・地域づくり、地域学習、ESD(持続可能な開発のための教育)。

    地域のもつ多様性を活かした形で社会の未来を創るべく、農山村地域の地域づくりや観光、地域学習・地理教育・ESD、ジオパーク、へき地・小規模校教育などに関する研究と教育を行っています。フィールドワークを通じて地域を五感で理解し、さまざまな人の生きざまに触れ、これからの社会の在り方を一緒に考えることを重視しています。

経歴

  1. 広島大学 大学院文学研究科リサーチアシスタント(現代南アジア地域システム・プロジェクト研究センター担当) 2005/10-2006/03
  2. 日本学術振興会 特別研究員(DC2) 2006/04-2007/03
  3. 神戸夙川学院大学 観光文化学部 講師 2007/04-2013/03
  4. 神戸夙川学院大学 観光文化学部 准教授 2013/04-2015/03
  5. 神戸夙川学院大学・夙川学院短期大学 エクステンションセンター長 2013/09-2015/03
  6. 奈良教育大学 教育学部 准教授 2015/04-現在

学歴

  1. 広島大学 大学院文学研究科 博士課程後期 2007/03

学位

  1. 博士(文学) 広島大学
  2. Ph.D. Hiroshima University

研究分野

  1. 農山村地域研究
  2. 地域づくり、グリーンツーリズム、エコツーリズム、ジオパーク
  3. 地域資源の保全・活用
  4. 社会経済地理学、文化地理学、環境地理学
  5. ESD

研究キーワード

  1. 地理学
  2. 地域政策
  3. 農村
  4. 地域づくり
  5. 観光
  6. ESD
  7. 持続可能性
  8. 農山村
  9. 持続可能な開発のための教育
  10. 地域資源
  11. 中山間地域
  12. 地域連携
  13. ジオパーク

著書

  1. Nature, Tourism and Ethnicity as Drivers of (De)Marginalization: Insights to Marginality from Perspective of Sustainability and Development (Perspectives on Geographical Marginality 3) Marginalization of Tea Estates in Sri Lanka in the Changing Global and National Context Springer 2018 9783319590011
  2. ターヘルあすかむら―明日香村新書― 奈良教育大学教育学部社会科教育専修 2017/02
  3. 人間ジオ宝 河本大地 奈良教育大学出版会 2016/02 無料でお読みいただけるE-bookです。 http://www.nara-edu.ac.jp/PRESS/ebook/ebook/book013.html
  4. 食と農と里山 vol.3 河本大地 「限界集落」の教育力 ―兵庫県美方郡香美町小代区における大学生のフィールドワーク経験から― (pp.159-170) あうん社 2015/10 4908115059
  5. 食と農と里山 vol.2 平野智照 編 スリランカ「セイロン紅茶」と土砂災害―この犠牲から何を学ぶか― (pp.95-104) あうん社 2015/05 908115035

論文

  1. 教員養成課程におけるへき地教育入門科目の設置と受講生の評価 ―奈良教育大学の「山間地教育入門」初年度の事例― 河本大地・中澤静男・板橋孝幸 奈良教育大学次世代教員養成センター研究紀要 5, 79-90 2019/03
  2. 山間地域における1960年代の「へき地教育」の性格 ―奈良県十津川村の大字出谷の事例を中心に― 松野哲哉・河本大地・馬 鵬飛 奈良教育大学次世代教員養成センター研究紀要 5, 175-184 2019/03
  3. 地域の価値づけという実践 ―兵庫県美方郡香美町小代区の「日本で最も美しい村」連合加盟をめぐる地域と大学との連携・協働のプロセスから― 河本大地 奈良教育大学次世代教員養成センター研究紀要 5, 185-195 2019/03
  4. 奈良県吉野郡十津川村大字上湯川にあった小中学校 (1875〜1970年)に関する調査報告 伊藤拓海・河本大地・馬 鵬飛 奈良教育大学次世代教員養成センター研究紀要 5, 321-326 2019/03
  5. 大学初年次における「身近な地域」の調査とウィキペディア編集 ―奈良のならまちでの実践からみた有効性と課題― 河本大地 E-journal GEO 13/ 2, 534-548 2018

研究発表

  1. 学校における地域学習はどうあるべきで,そのために何をどう研究するか? 日本地理学会2019年春季学術大会、専修大学生田キャンパス(川崎市多摩区) 2019/03/20
  2. 日本ESD学会第1回大会のアンケートにみられる参加者の指向性 ―SDGs、満足度、研究発表を中心に― 日本ESD学会第2回近畿地方研究会、京都外国語大学(京都市右京区) 2019/02/23
  3. 教員養成課程におけるへき地教育入門科目の設置と受講生の評価 ―奈良教育大学の「山間地教育入門」初年度の事例― 日本ESD学会2018年度中国地方研究大会、広島大学東千田キャンパス(広島市中区) 2019/01/27
  4. Educational System for Rural Small Schools in Japan: For realizing a promising future for rural areas ICLEE (International Consortium of Landscape and Ecological Engineering) 9th Conference, Chaoyang University of Technology in Taichun City, Taiwan 2018/11/27
  5. 新学習指導要領における「地域」関連記述の分析 ―全教科・科目の中での地理的分野の特徴は?― 2018年人文地理学会大会、奈良大学(奈良市) 2018/11/24

受賞学術賞

  1. 学会賞(論文奨励賞) 2012/02
  2. 地域地理科学会賞 2007/07

地域貢献、国際貢献、学会活動

  1. 十津川村史編さん委員会第2回成果報告会 2018/02/20-現在
  2. 近畿環境パートナーシップオフィス(環境省 きんき環境館)「紀の川市の協働モデル創出に向けた意見交換会」 2017/12/05-現在
  3. 有機農業と社会づくり(奈良教育大学平成29年度ならやまオープンセミナー「畑で汗を流しませんか」) 2017/11/08-現在
  4. ICT機器を活用した遠隔合同授業など複式学級・小規模学級 の特性を生かした指導方法についての講義、演習及び指導上の課題や指導改善へ向けた取組等についての協議(平成29年度第1回奈良県複式学級・小規模学級担任研修会) 2017/10/31-現在
  5. 特別講義「ぶっちゃけトーク ~奈良教育大学のどこがいいの?~」 2017/07/13-現在

所属学協会

  1. 日本ESD学会
  2. 奈良地理学会
  3. 兵庫地理学協会
  4. 地域地理科学会
  5. 日本地球惑星科学連合

委員歴、役員歴

  1. 日本地理学会 日本地理学会賞受賞候補者選考委員会 委員 2018/03-現在
  2. 日本ESD学会 第1回大会実行委員会 委員 2018/01-現在
  3. 日本ESD学会 選挙管理委員会 委員 2018/01-現在
  4. 人文地理学会 2018年大会準備委員会 委員 2017/12-現在
  5. 公益財団法人奈良市生涯学習財団 奈良県公民館連絡協議会 地域課題の解決を目指すモデル公民館等プロジェクト事業「Change the ASUKA―誇れるまちを未来につなぐ―」プロジェクト委員 2017/12-現在