奈良教育大学
大学院教育学研究科
教職開発講座

准教授

前田 康二

マエダ コウジ
MAEDA Koji

学内兼務所属、兼務職、管理運営

  1. 奈良教育大学
  2. 奈良教育大学

経歴

  1. 奈良県立高田高等学校 教諭 1992/04/01-1999/03/31
  2. 奈良県立郡山高等学校 教諭 1999/04/01-2008/03/31
  3. 奈良県教育委員会事務局 学校教育課 指導主事 2008/04/01-2014/03/31
  4. 奈良教育大学 大学院教育学研究科教職開発専攻 准教授 2014/04/01-現在

学歴

  1. 京都大学 文学部 文学科言語学専攻 1992/03 卒業

学位

  1. 文学士 京都大学文学部

免許・資格

  1. 中学校教諭一種免許状(外国語(英語))
  2. 高等学校教諭一種免許状(外国語(英語))

研究分野

  1. 外国語教育(英語教授法)
  2. 教育学(教師教育)

研究キーワード

  1. 動機づけ
  2. 「流暢さ」の育成
  3. 小・中・高・大接続
  4. 学び続ける教員
  5. 目標・指導・評価の一体化
  6. アクティブ・ラーニング
  7. 教員養成と教員研修の接続

研究テーマ

  1. 英語教育に係る教員の指導力向上 2014/04/01-現在
  2. 英語4技能における流暢さの育成 2015/01/01-現在
  3. 学校・教育委員会・大学の協働による「学び続ける教員」の育成 2015/04/01-現在

著書

  1. 英語総合インディケーター<初級> テリー・オブライエン、三原 京、前田康二、木村博是 株式会社 南雲堂 2018/02/15 978-4-523-17853-8 英語の基礎を固め、総合的な英語力を強化することを目的とした、初級レベルの英語総合教材
  2. 奈良県高等学校教育課程編成の手引(奈良県教育委員会, 2011)共著 全39ページ, pp.1-39 2011
  3. 奈良県中学校教科等指導資料外国語(奈良県教育委員会, 2010)共著 全24ページ, pp.1-24 2010
  4. 奈良県小学校教科等指導資料外国語活動(奈良県教育委員会, 2009)共著 全377ページ, pp.305-329外国語活動 2009

論文

  1. (MISC)速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要) 共著 双方向遠隔授業システムの活用による養成と研修の融合の試みー教員養成課程の学生が若手教員の研修から学ぶ仕組みづくりを目指してー 前田康二、中澤隆志、石井宏典 奈良教育大学教職大学院研究紀要「学校教育実践研究」第10号 奈良教育大学大学院教育学研究科専門職学位課程教職開発専攻 10, 123-128 2018/03/31 1883-6585 本報告は、平成29年度に本学において双方向遠隔授業システムを活用して実施した、本学学生が小学校現場の若手教員の研修から授業づくり等について学ぶ取組みの概要の記録である。4回にわたり、本学と県内小学校を双方向のコミュニケーションが可能なテレビ会議でつなぎ、本学学生が、若手教員の授業及び授業後の研究協議等の視聴や、質疑応答などによる小学校教員との交流を通して、授業づくりや学校現場における授業研究の在り方、また教職全般について学ぶ機会をもった。参加学生へのアンケート及び関係者への聞き取りから、これらの取組みを通して、教員養成課程の学生が、年齢の近い採用2、3年目の教員が研修する姿に触れることで、近い将来の教員としての自分自身の姿が視覚化でき、教員になりたいという動機づけを高めることができる可能性が示唆された。
  2. 研究論文(大学,研究機関紀要) 共著 学校・教育委員会・大学の協働による「学び続ける教員」の育成-小学校若手教員育成システム開発事業1年目の成果と課題から- 前田康二、小柳和喜雄 次世代教員養成センター研究紀要 奈良教育大学次世代教員養成センター 3, 89-97 2017/03/31 2189-3039 奈良県教育委員会が実施している 「奈良教育大学との連携による小学校若手教員育成研修システム開発事業」は、小学校若手教員自らが協働を通して①授業力、②同僚性、③向上心を身に付け、「学び続ける教員」としての基盤をつくる研修システムの開発を目的としている。本研究では、本事業の1年目の取組について、事業目的を達成するために意図され実施された4つの協働に焦点を当て、その記録から、どのような取組が行われ、それに対してどのような成果が見えてきたのか、また運用を通じてどのような課題が出てきたのかを明らかにすることを目的としている。分析にあたっては、事業の経過観察記録、研修対象の若手教員及び勤務校の校長、教頭へのアンケート及び聞き取り、児童へのアンケート、県立教育研究所指導主事、奈良教育大学教職大学院教員への聞き取りなどにより得られた定量的、定性的なデータを手がかりに、分析し考察している。
  3. 研究論文(大学,研究機関紀要) 単著 フォーカス・オン・フォームによる小学校教員の英語運用能力の育成 前田康二 奈良教育大学教職大学院研究紀要「学校教育実践研究」第9号 奈良教育大学大学院教育学研究科専門職学位課程教職開発専攻 9, 73-83 2017/03/31 1883-6585 小学校における英語教育が関心を集めているが、この分野においての教員養成及び研修が確立されているとは言えない。教員の英語運用能力の育成は、指導技術の習得とともに喫緊の課題である。本稿では、どのような教材を使ったどのような指導が小学校教員に求められる英語運用能力の育成に効果的であるかについて、教員養成課程の3人の大学院生を対象とした指導から考察する。3人の学生それぞれに対して、小学校での英語指導に必要な場面に直結したタスクを用い、過去形の明示的な指導と未来形の暗示的な指導をそれぞれ3回ずつ実施し、それらの文法項目の運用についての向上を事前テストと事後テストで測定した。結果からは、明示的なフォーカス・オン・フォームによる指導が、正確さ及び流暢さの両面の向上に有効であることが考えられる。今後、方法の改善とともに、対象者及び指導回数の増加などにより、この分野での研究を継続していく必要がある。
  4. 研究論文(大学,研究機関紀要) 共著 学校・教育委員会・大学の連携・協働による小学校2年目教員の研修システムの開発ー運営体制の構築と事業の立ち上げ期における運用評価を中心にー 前田康二、小柳和喜雄 次世代教員養成センター研究紀要 奈良教育大学次世代教員養成センター 2, 77-86 2016/03/31 2189-3-39 教育を取り巻く環境が急速に変化する中、「学び続ける教員像」の構築が指摘されている。従来、教員採用直後に法定の初任者研修が実施されてきたが、教員として様々な課題に対応していく力を1年間で十分に育成することは難しく、とりわけ教員としての能力の要である「授業力」については、教員それぞれが学校、児童生徒の実態に応じた授業づくりができるよう、勤務校において同僚と協働しながら、より長い時間をかけて身に付けていく必要がある。そのため、奈良県立教育研究所では奈良教育大学教職大学院と協働し、平成27年度から、採用後2年目の小学校教員が、勤務校において主体的、協働的に研修するシステムの開発に取り組んでいる。本研究では、この取組の萌芽期を検証、評価することにより、今後のシステム開発の方向性を探るとともに、教育委員会と大学など複数の機関が協働して事業を開始する時期において予想される課題と解決について考察する。

研究発表

  1. 口頭発表(一般) 協働して授業力向上を目指す研修による小学校若手教員の変容― 授業後の省察内容に着目して ― 日本教師教育学会第28回研究大会 2018/09/29 奈良県教育委員会と奈良教育大学が連携して実施している小学校若手教員育成事業において、拠点校教員が、研究授業後の協議で、授業に関するどのような知識領域に基づいて省察したのかを分析し、その変容を考察した。
  2. 口頭発表(一般) The Development of a Program to Enhance and Deepen the Reflective Thinking of the Graduate Students through the Collaborative Reflection in Lesson Studies Lesson study international congress 2018/06/07 The purpose of this study is to develop a program to enhance and deepen the reflective thinking of the graduate students through analyzing the outcomes of the collaborative reflection in lesson studies. This project started on April, 2017 and finished on December, 2017. The participants in the study were 15 pre-service teachers (PT) and 7 in-service teachers (IT) in the same graduate course. They were divided into seven groups, each of which has one IT and some PTs, and engaged in our collaborative reflection program. All reflective writings of ITs and PTs were analyzed the focus and level of reflection and the pedagogical knowledge by Yoshizaki’s (1987) frameworks. Also, triangulation and member checks are used to ensure credibility of the findings (Lincoln & Guba, 1985). We are analyzing the collected data now and we will be able to show the specific results and the design of the program in detail.
  3. 口頭発表(一般) 小学校若手教員の授業力向上のための研修システムの開発と改善ー同僚との協働、他校同年代教員との協働の促進に着目してー 日本教師教育学会第27回研究大会 2017/10/01
  4. シンポジウム・ワークショップ パネル(指名) 教員養成と現職研修の連続性と非連続性の関係を問う「指標及び研修計画の策定に向けた奈良県の取組」 日本教師教育学会第27回研究大会 2017/09/30
  5. 口頭発表(一般) 双方向遠隔授業システムを用いた研修 第4回京阪奈三教育大学連携推進フォーラム 2017/03/09

担当授業科目

  1. 授業設計と評価
  2. へき地学校実習
  3. 課題解決実習Ⅰ
  4. 課題解決実習ⅡA
  5. 学校実践省察

教育活動

  1. 十津川サマースクール(へき地学校実習) 2016/08/23-2016/08/25 教職大学院生と十津川村の小学生との学習交流

教科書・教材

  1. 奈良TIME指導事例集(奈良県教育委員会, 2012)共著(指導事例全68ページ、資料編全65ページ, 指導事例pp.45-50、資料編pp.29-32) 2010

地域貢献、国際貢献、学会活動

  1. 外国語科のカリキュラム、指導法、教材開発等に係る指導助言 2016/11/30-現在
  2. 小・中を通じたコミュニケーション能力を育てる英語教育 2016/11/25-現在
  3. 外国語科のカリキュラム、指導法、教材開発等に係る指導助言 2016/11/22-現在
  4. 平城高校教育コース「教育入門」における高校生と大学院生の学習交流のコーディネート 2016/11/16-現在
  5. 小学校英語教科化に対応した指導と評価 2016/10/23-現在

所属学協会

  1. 日本教育方法学会
  2. 日本教師教育学会
  3. 日本国際理解教育学会
  4. 小学校英語教育学会
  5. 関西英語教育学会

委員歴、役員歴

  1. 生駒市教育委員会 生駒市学校教育のあり方検討委員会委員 2018/06/25-2020/06/24
  2. 奈良県立教育研究所 奈良県立教育研究所、奈良教育大学及び県内公立小学校の3機関による研修を推進するための委員会委員 2018/05/10-2019/03/31
  3. 松阪市教育委員会 松阪市英語教育推進委員会委員 2018/05/01-現在
  4. 奈良女子大学附属中等教育学校 奈良女子大学附属中等教育学校関係者評価委員会委員 2018/04/01-現在
  5. 奈良県立平城高等学校 奈良県立平城高等学校学校評議員 2018/04/01-2019/03/31