奈良教育大学
次世代教員養成センター

准教授

古田 壮宏

フルタ タケヒロ
FURUTA Takehiro

研究分野

  1. 社会システム工学・安全システム

外部資金(競争的資金)等の研究課題

  1. 多層レイヤ型アイテムバンクを持ち講義内容適応型授業評価項目を自動生成するシステム 科学研究費 基盤研究(B) 日本学術振興会 科学研究費補助金 2016/04/01-2020/03/31
  2. 3Dプリンタを用いた防災教育のための教材作成とその実践 科学研究費 挑戦的萌芽研究 日本学術振興会 科学研究費補助金 2016/04/01-2019/03/31
  3. 持続可能性を考慮した包括的な輸送・交通ネットワーク設計のための数理モデルの開発 科学研究費 基盤研究C 2015/04/01-2017/03/31
  4. 学校現場での避難場所選定を支援する数理モデルの開発と防災教材作成支援への応用 科学研究費 若手研究B 2013/04/01-2016/03/31
  5. 講義内容に適応した評価項目を提示できるアイテムバンク搭載のピアレビューシステム 科学研究費 基盤研究B 2012/04/01-2016/03/31

著書

  1. The International Encyclopedia of Geography. Ken-ichi Tanaka and Takehiro Furuta Location-Allocation Analysis John Wiley & Sons, Ltd. 2017/03 URL

論文

  1. 研究論文(国際会議プロシーディングス) 共著 Point-to-point based airline network design problems Mihiro Sasaki and Takehiro Furuta Proceedings of International Symposium on Scheduling 2017 2017/06/23
  2. 研究論文(学術雑誌) 共著 総移動距離制約を考慮したQuantiles Share Ratio最小化型の複数施設配置問題 古田壮宏・田中健一 日本オペレーションズ・リサーチ学会和文論文誌 日本オペレーションズ・リサーチ学会 60, 36-49 2017/05/12 URL
  3. 研究論文(国際会議プロシーディングス) 共著 Two approaches to cooperative covering location problem and its application to ambulance deployment Morohosi Hozumi and Takehiro Furuta Operations Research Proceedings 2015 Springer 361-366 2017/03 10.1007/978-3-319-42902-1_49
  4. 研究論文(学術雑誌) 共著 Median Share Ratioを用いた公平性からみた施設配置の評価モデル 田中健一・古田壮宏 都市計画論文集 日本都市計画学会 51/ 3, 894-900 2016/10/25 10.11361/journalcpij.51.894
  5. 研究論文(学術雑誌) 共著 TDMA scheduling problem avoiding interference in multi-hop wireless sensor networks Mihiro Sasaki, Takehiro Furuta, Takamori Ukai, Fumio Ishizaki Journal of Advanced Mechanical Design, Systems, and Manufacturing 日本機械学会 10/ 3 2016/07/01 10.1299/jamdsm.2016jamdsm0047

研究発表

  1. 口頭発表(一般) 教員養成大学における教職キャリアカウンセリングの検討 -欧州「Career Counselling for Teachers」の日本版開発に向けて- 日本教師教育学会 第27回研究大会 2017/10/01
  2. 口頭発表(一般) AIRLINE NETWORK DESIGN WITH OPENING/CLOSING POINT-TO-POINT SERVICES International Symposium on Locational Decisions (ISOLDE XIV) 2017/07/10
  3. 口頭発表(一般) A ROBUST COVERING MODEL FOR AMBULANCE LOCATION PROBLEM International Symposium on Locational Decisions (ISOLDE XIV) 2017/07/10
  4. 口頭発表(一般) 鉄道利用者に着目した異なる捕捉水準をもつフロー捕捉型配置問題 日本オペレーションズ・リサーチ学会 2017年春季研究発表会 2017/03/16
  5. 口頭発表(一般) ICT支援員のための能力基準の検討 日本教育工学会研究会 2016/07/02 URL

受賞学術賞

  1. 日本オペレーションズ・リサーチ学会 第32回 事例研究賞 受賞論文: 田中健一・古田壮宏: 複数回の捕捉を考慮したフロー捕捉型配置問題と鉄道流動データへの適用 -京王線と山手線を事例として-, オペレーションズ・リサーチ, Vol. 55, No. 3, 2011, pp. 166-174. 2012/09/12