奈良教育大学
教育学部
音楽教育講座

教授

劉 麟玉

リュウ リンギョク
Ryu Ringyoku

学内兼務所属、兼務職、管理運営

  1. 教育学部 音楽教育講座 准教授
  2. 教育学部 音楽教育講座 准教授
  3. 国際交流留学センター 兼任教員
  4. 教育学部 音楽教育講座 室員
  5. 教育学部 音楽教育講座 室員
  6. 教育学部 音楽教育講座 室員
  7. 大学院教育学研究科 准教授
  8. 教育学部 音楽教育講座 准教授

経歴

  1. 四国学院大学 文学部教育学科 助教授 1997/04/01-2006/03/31
  2. 台湾中央研究院 台湾史研究所籌備處 客員研究員 2005/10/01-2006/08/31
  3. 四国学院大学 文学部教育学科 教授 2006/04/01-2007/03/31
  4. カリフォルニア大学ロサンゼルス校 民族音楽学科 客員研究員 2008/12/01-2009/12/31
  5. 奈良教育大学 教育学部 准教授 2010/04/01-現在
  6. 国際交流留学センター 兼任教員 2014/04/01-現在

学歴

  1. 台南家政専科学校(現・台南応用科技大学) 音楽科 ピアノ 1986/06 卒業 台湾
  2. 洗足学園大学 音楽学部 ピアノ科 1989/03 卒業
  3. お茶の水女子大学 人文科学研究科 舞踊教育専攻演奏学講座 修士 1992/03 修了
  4. お茶の水女子大学 人間文化研究科 比較文化学 博士 1997/03 単位取得満期退学

学位

  1. 人文科学博士 お茶の水女子大学 2002/03
  2. 文学修士 お茶の水女子大学 1992/03/31
  3. 音楽学士 洗足学園音楽大学

研究分野

  1. 美学・美術史

外部資金(競争的資金)等の研究課題

  1. 植民地台湾における日本伝統音楽の伝承と展開—昭和期(1926-1945)を中心に 科学研究費 美学 2018/04/01-2021/03/31
  2. 植民地における近代音楽の帰属意識―東アジアとオーストラリアの芸術歌曲の場合 科学研究費 基盤研究C 2017/04/01-2018/03/31
  3. 21世紀を生きる人材育成を指向したESDとしての音楽科カリキュラムと授業実践開発 科学研究費 基盤研究C 2015/04/01-2018/03/31
  4. 日本伝統音楽の越境ー植民地台湾における邦楽の伝承 科学研究費 基盤研究(C) 学術振興会 2015/04/01-2018/03/31 本研究の目的は日本伝統音楽が植民地台湾の日本人社会で、いつからどのように伝承され、どのような役割を担い、台湾人社会にどのような影響をもたらしたのか、について探求することである。
  5. 音盤を通してみる声の近代ー台湾・上海・日本で発売されたレコードの比較研究を中心に その他 国立民族学博物館 2011/10-2014/03

著書

  1. 『百年踅音-田邉尚雄臺灣音樂踏查記』 田邉尚雄 訳書全体の校正、監修 國立臺灣大學出版中心 2017/12 978-986-03-9736-9
  2. 植民地期台湾の映画 発見されたプロバガンダ・フィルムの研究 三澤真美恵編、 共著者:三澤真美恵、古川隆久、とちぎ あきら、町田祐一、陳怡宏、葛西周、劉麟玉 「台湾らしさ」を排除した『南進台湾』の背景音楽ー皇民化運動表現との関連性 東京大学出版会 2017/08/31 978-4-13-080095-2
  3. 『台湾原住民の音楽と文化』 下村作次郎、孫大川、林清財、笠原政治、野林厚志、劉麟玉など30名 草風館 2014/01 9784883231911
  4. 『戦時台湾的声音 1943:黒澤隆朝《高砂族の音楽》復刻――曁漢人音楽』(和訳:『戦時台湾の声 1943:黒澤隆朝《高砂族の音楽》の復刻――及び漢人音楽』) 王櫻芬、劉麟玉 台大出版中心(台湾大学出版センター) 2008/12
  5. 『동아시아와 서양음악의 수용 서울대서양음악연구소 음악학 총서 01』(和訳)東アジアと西洋音楽の受容 ソウル大西洋音楽研究所音楽学叢書 第一巻 閔庚燦、安田寛、張前、劉麟玉、김성준 図書出版 音楽世界 2008/11

論文

  1. (MISC)その他記事 共著 1930-40年代の江文也(1910-1983)の芸術歌曲ー台湾、日本、中国の接点 時田アリソン、津上智実、日下部祐子、竹内直、仲万美子、李京粉、張海欣、ジョエル・クロッティなど 「植民地における近代音楽の帰属意識ー東アジアとオーストラリアの芸術歌曲の場合ー」平成27~30年度科学研究費助成事業研究学術研究助成基金助成金【基盤研究(C)】(課題番号15K02117、研究代表者・時田アリソン〕研究成果報告書 京都市立芸術大学 65-70 2019/03/31
  2. (MISC)その他記事 共著 「ESD理念に基づくわらべうた関連教材の開発とその実践ー教員養成大学の授業を通して−」 宮下俊也、山田貴子、山内尚、鈴木香りお、宇野加奈子、劉麟玉など 「ESDとしての音楽授業実践ガイドブックー小学校・中学校・高等学校・教員養成大学ー」平成27~30年度科学研究費助成事業研究学術研究助成基金助成金【基盤研究(C)】(課題番号15K04434、研究代表者・宮下俊也〕研究成果報告書 奈良教育大学 182-192 2019/03/29
  3. 研究論文(大学,研究機関紀要) 「ジャコモ・プッチーニの作品における自己引用についての考察―歌曲《太陽と愛》と歌劇《ラ・ボエーム》との関連性から」 水野亜歴・劉麟玉 『奈良教育大学紀要』 67/ 1, 117-136 2018/11/30
  4. (MISC)その他記事 共著 「日本伝統音楽の越境ー植民地台湾における「邦楽」の伝承ー」 劉麟玉、徳丸吉彦、小塩さとみ、福田千絵 平成27~29年度科学研究費助成事業研究学術研究助成基金助成金【基盤研究(C)】(課題番号15K02112、研究代表者・劉麟玉〕研究成果報告書 奈良教育大学 1-159 2018/03/31
  5. (MISC)速報,短報,研究ノート等(学術雑誌) 単著 ESD理念に基づくわらべうた教材の開発とその意義ー教員養成の実践を通して 劉 麟玉 学校音楽教育実践論集 日本学校音学教育実践学会 2018-2, 108-109 2018/03/25

研究発表

  1. 口頭発表(一般) 共通テーマ「植民地における「邦楽」の広がりー三曲・長唄・検番を事例として」担当タイトル「植民地時代の台北における検番の活動ー台湾神社祭を焦点に」 東洋音楽学会東日本支部第111回定例研究会 2019/07/06
  2. 口頭発表(基調) 植民地台湾における日本伝統音楽の展開 2019新劇論壇 2019/03/30
  3. シンポジウム・ワークショップ パネル(公募) パネルセッションテーマ:「植民地台湾(1895-1945)にお ける日本伝統音楽の実践につ いての考察」 徳丸吉彦:序説 小塩さとみ:植民地台湾における日本の伝統音楽の演奏状況 −−『台湾邦楽界』の記事を中心に 福田千絵:本土音楽家の台湾演奏旅行―宮城道雄と吉田晴風を中心に 劉麟玉:植民地台湾における台湾神社祭の余興についての一考察――文化接触の観点から 東洋音楽学会第68回大会 2017/11/12
  4. 口頭発表(一般) 植民地台湾における台湾神社祭の余興の一考察――文化接触の観点から 京都台湾研究中心第3回研究会 2017/09/21
  5. 口頭発表(一般) ESD理念に基づくわらべうた教材の開発とその意義ー教員養成の実践を通して 日本学校音楽教育実践学会第22回全国大会 2017/08/19

芸術系の活動・フィールドワーク等

  1. 芸術活動 共同 ワン・ホンカイ構成・演出”This is no country music” 2019/03/02-2019/03/03 20世紀の東アジア史に翻弄された作曲家。江文也、「国家」という枠組の間で紡がれた「国なき譜(うた)」を再現する、異色の「学校/リハーサル」
  2. 芸術活動 共同 日下部祐子先生門下生声楽コンサート 2018/07/15-2018/07/15 声楽ソロ
  3. 芸術活動 共同 奈良教育大学・香港教育大学交流演奏会 2018/03/02-2018/03/02 作品発表、ピアノソロ、連弾、声楽ソロ、合唱
  4. 芸術活動 共同 奈良のわらべうたコンサート(「第32回国民文化祭・なら2017」の応援事業) 2017/10/28-2017/10/29 作品発表、二重唱、声楽ソロ、合唱、合奏
  5. 芸術活動 共同 奈良のわらべうた〜納涼コンサート 2016/07/13-2016/07/13 奈良のわらべうた「奈良の大仏さん」「大さむ小さむ」「おん祭の歌」のオリジナル歌と北條美香代助教授による編曲作品を演奏する

担当授業科目

  1. 音楽科教育学研究
  2. 音楽Ⅰ
  3. 中等教科教育法Ⅰ 音楽
  4. 初等教科実践指導
  5. 音楽実技

教育活動

  1. 教育研究会の指導助言 2018/09/28-2018/09/28 奈良教育大学附属中学校主催の2017年度教育研究会で指導助言者の立場として参加し、授業者に情報提供を行った。
  2. 教育実習事前指導のための公開授業 2018/06/13-2018/06/13 奈良教育大学音楽教育講座2回生が附属中学校における4回生の教育実習を見学すると際に、大學教員が手本としてみせるための公開授業を担当した。
  3. 教育研究会の指導助言 2017/09/29-2017/09/29 奈良教育大学附属中学校主催の2017年度教育研究会で指導助言者の立場として参加し、授業者に情報提供を行った。
  4. 教育実習事前指導のための公開授業 2017/06/14-2017/06/14 奈良教育大学音楽教育講座2回生が附属中学校における4回生の教育実習を見学すると際に、大學教員が手本としてみせるための公開授業を担当した。

教科書・教材

  1. 奈良県のわらべうた教材 2016/03/31 音楽教育講座の北條美香代准教授と連携して、北條准教授によって作成された奈良県のわらべうたの編曲作品、オリジナル作品を報告書「奈良県のわらべうた教材作成と授業実践プランの開発ーESDとしての音楽科教育を実現させるために」に収録した。小中学校の児童生徒向けの教材である。

地域貢献、国際貢献、学会活動

  1. 作曲家江文也についてのレクチャー 2019/01/26-2019/01/26
  2. 日本教育大学協会研究集会 2018/10/13-2018/10/13
  3. 奈良シニア大学一般教養講座講師 2018/09/20-2018/09/20 「旧日本植民地の音楽教育史ー伊澤修二と植民地台湾の音楽教育」というテーマで講演した。
  4. 免許更新講習会講師 2018/08-現在
  5. 台中市「藝術與人文」/「綜合活動」/「自然」領域指導主事グループ(輔導團)および彰化 県「藝術與人文」指導主事グループ(輔導團)との国際交流活動 2018/04/18-2018/04/21 台中市「藝術與人文」/「綜合活動」/「自然」領域指導主事グループ(輔導團)および彰化 県「藝術與人文」指導主事グループ(輔導團)が日本の学校教育現場を視察するため、奈良教育大学の付属小学校(18日)と帝塚山小学校(19日)を訪問した。また21日に奈良教育大学主催の懇談会において、新しい学習指導要領について本学の教員と奈良県教育委員会指導主事と意見交換した。

所属学協会

  1. The International Society of Music Education
  2. 日本ポピュラー音楽学会
  3. 日本学校音楽教育実践学会
  4. 日本台湾学会
  5. The International Council for Traditional Music

委員歴、役員歴

  1. 教育開発室ワーキンググループ 委員 2017/07/01-現在
  2. 国際交流室 室員 2016/10/01-現在
  3. 全日本音楽教育研究会奈良支部 役員 2010/10/01-現在