奈良教育大学
次世代教員養成センター

教授

市来 百合子

イチキ ユリコ
ICHIKI Yuriko
  • Tel.0742-27-9504

学歴

  1. 同志社大学大学院 文学研究科 心理学 修士 1986/03 修了
  2. The George Washington University The Graduate School of Arts and Science Art Therapy 修士 1990/08 修了 The U.S.A
  3. 甲子園大学 博士 2013

学位

  1. 文学修士 同志社大学 1986/03
  2. M.A. The George Washington University 1990/08

研究分野

  1. 臨床心理学

研究キーワード

  1. 臨床心理学
  2. Clinical psychology
  3. 芸術療法
  4. Expressive Arts Therapy School Psychology
  5. 学校教育臨床
  6. 地域精神保健

研究テーマ

  1. アセスメントにおける画材(メディア)によって生起される心理的特性 投影描画法,画材 アートセラピーの中で用いられる画材によって引き出される心理的特性の研究 2005/03-現在
  2. アートセラピーの心理臨床における実施に関する研究 アートセラピー、臨床心理学 欧米で発展するアートセラピーと日本における心理臨床の接点を明らかにすることを目的とする。 2001/04-現在
  3. 学校教育臨床におけるアートセラピーの活用 学校教育臨床、アートセラピー 学校現場における非言語的なツールの活用法についての研究 2008/04-現在

著書

  1. 「臨床心理士からみたアートセラピー現場」新しい芸術療法の流れ 関則雄他 +20 フィルムアート社 2007/10
  2. 痴呆老人とのアートセラピー  絵画療法I 芸術療法実践講座 市来百合子 内藤あかね 他+8 岩崎学術出版社 2004/04
  3. パオロクニルのExpressive Arts Therapy 関則雄、三脇康生 フィルムアート社 2002/11
  4. 「描画療法」小児心身医学-臨床の実際- 子ども身医療研究所 朝倉書店 1995/05
  5. アートセラピー再考・アートセラピーにおける素材への反応とその理解 川田都樹子・西欣也編・14名 平凡社 2013/03 978-4-582-73108-8

論文

  1. (MISC)会議報告等 共著 発達障害の可能性のある児童生徒の適応指導への教育臨床的アプローチ ー小中における二次障害を生じた児童生徒への支援ー 幼小中連携のもとでの発達障害アセスメントと適応・学習支援 H28 発達障害の可能性のある児童生徒に対する早期・継続支援事業実施報告書 奈良教育大学 66-73 2017/03 発達障害の可能性のある児童生徒の適応指導への教育臨床的アプローチ ー小中における二次障害を生じた児童生徒への支援ー
  2. 研究論文(学術雑誌) 共著 不登校児童・生徒に対する適応支援活動の実践と「リスクールプログラムモデル」の開発ー大学における支援の実践と新しいモデルの開発ー 大久保千恵他 奈良教育大学次世代教員養成センター研究紀要 奈良教育大学次世代教員養成センター 2, 283-290 2016/03 2189-3039
  3. 研究論文(大学,研究機関紀要) 共著 小中学生およびその保護者のソーシャルキャピタル 渋谷真樹, 板橋孝幸, 橋崎頼子, 市来百合子, 瓜生淑子, 立石麻衣子, 藤田美佳, 大久保千恵, 井深雄二, 生田周二 奈良教育大学次世代教員養成センター研究紀要 1 2015/03
  4. 研究論文(大学,研究機関紀要) 共著 小学校低学年における「心の理論」の発達と教育場面における支援の必要性との関係―小学校1年生から2年生におけるコホート調査― 大久保千恵、市来百合子、櫻本豊己、山室光、他3名 奈良教育大学次世代教員養成センター紀要 1, 57-64 2015/03
  5. 研究論文(大学,研究機関紀要) 共著 中学生における認知的・構造的ソーシャルキャピタルと精神的適応の関係 市来百合子, 瓜生淑子, 立石麻衣子, 渋谷真樹, 大久保千惠,藤田美佳、板橋孝、橋崎頼子、井深雄二, 生田周二 奈良教育大学次世代教員養成センター紀要 1, 183-188 2015/03

研究発表

  1. 口頭発表(一般) 素材の心理的影響についての検討 日本描画テスト・描画療法学会 2017/09/03 ETC理論のなかの流動性傾向の高いパステルについてその心理的影響を 大学生のデータをもとに不安特性・現実検討・刺激障壁との関連を検討した。
  2. シンポジウム・ワークショップ パネル(公募) 「シマ」における心理臨床-離島遠隔地における臨床心理学的地域援助の積み重ね- 日本心理臨床学会第34回秋季大会 2015/07
  3. 口頭発表(一般) Exploring media properties and the expressive therapies continuum: survey of art therapists American Art therapy conference 2015/07/05
  4. その他 学校臨床場面で使える描画ワークシートによる支援 日本描画テスト・描画療法学会第23回大会 2013/09/14
  5. 口頭発表(一般) Mental healthcare program on an isolated island of Ryukyu cultural heritage — A trial for a practice and the evaluation of improvement in mental 第6回世界精神医学会アンチスティグマ分科会国際会議 2013/02/14 鹿児島県の離島において、平成19年度に自殺対策におけるこころの健康づくり事業のためのゲートキーパーに対するメンタルヘルスリテラシー(MHL)向上のための講習会を行いその前後でMHLを評価した。両疾患カードにおいて「助けになる」人として、「精神科医」が筆頭に挙げられ、薬の知識については、うつ病において「抗うつ薬」「抗精神薬」が上がり、薬物治療に対する抵抗が減った。講習会後には自然療法などの医療以外の治療法へのが下がることで、相対的に医療的介入の重要性が顕著になった。

担当授業科目

  1. 学校教育相談特講(発達カウンセリング)
  2. 教育臨床演習
  3. 生徒指導(小、中)
  4. 教育臨床特論
  5. 学校教育相談演習

地域貢献、国際貢献、学会活動

  1. 教師のためのリトリート 2017/08/22-現在 教師の働き方改革を受けて、教師が心身ともにパフォーマンスをあげ、ストレスを軽減できるように呼吸法、カラダのワーク、アートセラピーをつかったイメージ法などによるワークショップを開催した。
  2. 教育実践セミナーH29年度(継続) 2017/04/01-2018/03/31 ケース検討
  3. 文部科学省委託事業「平成28年度発達障害の可能性のある児童生徒に対する 早期・継続支援事業(発達障害早期支援研究事業)」における運営協議会 2017/03/15-現在 本事業の成果と課題について検証
  4. 教育臨床研究会H28年(継続) 2017/02/25-現在 教育臨床に関する様々な技法やケースについて話し合う研究会(H28年は1回のみ開催)
  5. 学校教育相談で使えるコラージュ法 2017/02/05-現在 教育相談場面で使えるコラージュ法についての理論の解説と実習

所属学協会

  1. 日本心理臨床学会
  2. 日本人間性心理学会
  3. 日本描画テスト・描画療法学会
  4. 日本質的心理学会
  5. The American Art Therapy Association

委員歴、役員歴

  1. 日本描画テスト・描画療法学会 理事 2016/09-現在