奈良教育大学
教育学部
学校教育講座

准教授

出口 拓彦

デグチ タクヒコ
DEGUCHI Takuhiko

学歴

  1. 名古屋大学 博士後期 2003/03 修了

学位

  1. 博士(心理学) 名古屋大学 2003/03

研究分野

  1. 教育心理学

研究キーワード

  1. 教室における規範逸脱行動

研究テーマ

  1. 教室における規範逸脱行動に対する個人要因および状況要因の影響 個人の態度が,周囲の人々との相互作用を通して規範逸脱行動に至る過程や,規範逸脱行動をとった者の適応について,質問紙調査やシミュレーションによって検討する。 2010/04-現在
  2. 授業における私語の発生過程に対する調査およびシミュレーションによる検討 授業における私語の発生過程について,規範意識や適応などの概念に着目しつつ,調査やコンピュータ・シミュレーションによって検討する。 2006/04-2009/03
  3. 教育場面におけるグループ学習に対する教師の指導法の実証的研究 グループ学習に対する教師の指導や児童の個人特性と,学習中の発言頻度の関連について検討する。 2003/04-2004/03

外部資金(競争的資金)等の研究課題

  1. 教育場面での規範逸脱行動を拡散する要因の検討および規範について考える授業案の開発 科学研究費 2018/04-2022/03
  2. 公共場面における規範逸脱行動の発生過程と抑制のための授業の検討 科学研究費 2014/04-2018/03
  3. 教室における規範逸脱行動に対する個人要因および状況要因の影響 科学研究費 その他 2010/04-2013/03
  4. 授業における私語の発生過程に対する調査およびシミュレーションによる検討 科学研究費 その他 2006-2008
  5. 社会規範と社会的迷惑行為に関する総合的研究 科学研究費 2005/04-2007/03

著書

  1. パーソナリティ心理学ハンドブック 108名 福村出版 2013/03
  2. 学校で役立つ社会心理学 ナカニシヤ出版 2013/03
  3. 体験で学ぶ社会心理学 吉田俊和・元吉忠寛(編) 他24名(含:出口拓彦) ナカニシヤ出版 2010/04 978-4-7795-0462-4
  4. 社会的迷惑の心理学 吉田俊和(編著),斎藤和志(編著),北折充隆(編著),石田靖彦,尾関美喜,小池はるか,出口拓彦,中島 誠,原田知佳,元吉忠寛,森 久美子,吉澤寛之 (12名) ナカニシヤ出版 2009/09
  5. 社会心理学事典 大坊郁夫(編集委員長),池上知子・池田謙一・大淵憲一・唐沢かおり・川浦康至・山口裕幸(編集幹事),他,編集委員13名,執筆者205名 丸善 2009/06

論文

  1. 単著 「規範逸脱行動について考える授業案」の作成:「授業中の私語」の伝播過程に着目して 出口拓彦 次世代教員養成センター研究紀要 5, 49-59 2019/03
  2. 研究論文(学術雑誌) 単著 Analyzing the spread of rule-breaking behavior, focusing on talking in class, based on decision matrices in a critical mass model with local interaction. Deguchi, T. The Japanese Journal of Experimental Social Psychology 58/ 2, 105-110 2019/03
  3. 単著 1次元セル・オートマトン法を用いた問題行動のシミュレーション:2次元セル・オートマトン法との相違に着目して 出口拓彦 奈良教育大学紀要(人文・社会科学) 67, 57-66 2018
  4. 単著 授業での規範逸脱行動における自分および周囲の他者が持つ規範意識の影響に関する縦断的研究 次世代教員養成センター研究紀要 4, 119-127 2018/03
  5. 研究論文(学術雑誌) 単著 教室における私語の頻度と規範意識・行動基準の関連:個人レベルおよび集団レベルの影響に着目して 出口拓彦 実験社会心理学研究 57, 93-104 2018/03

研究発表

  1. 授業中の私語への教師の対応と生徒の反応との関連 日本教育心理学会第60回総会 2018
  2. ローカルな相互作用による限界質量モデル 日本グループ・ダイナミックス学会第65回大会 2018
  3. 授業中の私語への複数教員による対応に関する態度:自分自身による対応への生徒の反応に着目して 日本社会心理学会第59回大会 2018
  4. 規範逸脱行動の1次元および2次元セル・オートマトン法によるシミュレーション:逸脱率および空間的収束に関する指標に着目して NPO法人日本シミュレーション&ゲーミング学会2017年度秋期全国大会 2017
  5. ローカルな相互作用による限界質量モデルの妥当性検討:セル・オートマトン法によるシミュレーションの出力と質問紙による実測値の関連 日本社会心理学会第58回大会 2017

担当授業科目

  1. 生徒指導(進路指導を含む。)・教育相談IB
  2. 心理学検査I
  3. 大学での学び入門
  4. 心理学実験
  5. 心理学概論

地域貢献、国際貢献、学会活動

  1. 令和元年度教員免許状更新講習講師 2019/08-2019/08
  2. 「カンボジア国教員養成大学設立のための基盤構築プロジェクト(第2年次)」(JICA関連事業) 2019/05/16-現在
  3. 平成30年度教員免許状更新講習講師 2018/08-2018/08
  4. 教員免許法認定講習(奈良県教育委員会)講師 2018/08-2018/08
  5. 日本グループ・ダイナミックス学会会報「ぐるだいニュース第53号」(2018/8/6発行) 「Short Noteへの投稿」執筆 2018/08/06-現在

所属学協会

  1. 日本教育心理学会
  2. 日本社会心理学会
  3. 日本心理学会
  4. 日本グループ・ダイナミックス学会
  5. 日本カウンセリング学会