論文

公開件数: 44 件
No. 掲載種別 単著・共著区分 タイトル 著者 誌名 出版者 巻号頁 出版日 ISSN DOI 機関リポジトリ URL 概要
1 研究論文(学術雑誌)
共著
Low absolute paleointensity during Late Miocene Noma excursion of the Earth’s magnetic field.
Kazuhiro Okayama, Nobutatsu Mochizuki, Yutaka Wada, Yo-ichiro Otofuji
Physics of the Earth and Planetary Interiors
Elsevier
287, 10-20
2018/12/27

10.1016/j.pepi.2018.12.006



2 研究論文(学術雑誌)
共著
岐阜県可児盆地に分布する蜂谷層最下部栃洞溶結凝灰岩部層のジルコンU-Pb年代.
新正裕尚・古川邦之・折橋裕二・外西奈津美・和田穣隆
地質学雑誌

124/ 7, 533-538
2018/07

10.5575/geosoc.2018.0017



3 研究論文(その他学術会議資料等)
共著
Oki-Dozen Dike Swarm: Effect of the regional stress field on volcano-tectonic orientations.
Miura, D., Toshida, K., Arai, K.-i., Wachi, T., and Wada, Y.
Evolutionary Models of Convergent Margins - Origin of Their Diversity (Itoh, T., ed.)
INTECH
181-199
2017/06

10.5772/63702



4
共著
Tectonic evolution of the Malay Peninsula inferred from Jurassic to Cretaceous paleomagnetic results.
Yo-ichiro Otofuji, Yuji T. Moriyama, Maiko P. Arita, Masanari Miyazaki a, Kosuke Tsumura, Yutaka Yoshimura, Mustaffa Kamal Shuib, Masatoshi Sone, Masako Miki, Koji Uno, Yutaka Wada, and Haider Zaman
Journal of Asian Earth Sciences
Elsevier
134, 130-149
2016/10/14

10.1016/j.jseaes.2016.10.007



5 研究論文(学術雑誌)
共著
Paleomagnetic evidence for post-Early Cretaceous tectonic rotation of the Sikhote-Alin Superterrane, Far East Russia.
Ryutaro J. Ichihashi, Haider Zaman, Yutaka Wada, Yoshiaki Sugamori, Yohei Kajikawa,
Hyeon-Seon Ahn, Koji Uno, Petr S. Zimin, Vladimir G. Sakhno, and Yo-ichiro Otofuji
Journal of Asian Earth Sciences
Elsevier
111, 88-99
2015/08/05

10.1016/j.jseaes.2015.08.008



6 研究論文(学術雑誌)
共著
紀伊半島北部の中新世石仏凝灰岩部層の火砕性堆積物.
佐藤隆春・鈴木桂子・和田穣隆・中条武司
地質学雑誌

121/ 6, 173-178
2015/06

10.5575/geosoc.2015.0017



7 研究論文(大学,研究機関紀要)
共著
奈良市市街地東部に分布する中部中新統の層序の再検討.
佐藤隆春・和田穣隆・中条武司・鈴木桂子
大阪市立自然史博物館紀要

67/ 27-44
2013/03





8 研究論文(学術雑誌)
共著
Recognition of ‘cryptochron’ in the polarity subchron C3Ar: Palaeomagnetic results of the Late Miocene lava sequence from Noma Peninsula (Kyushu Island), Japan.
Yo-ichiro Otofuji,Haider Zaman, Makiko Shimoda, Kazuyoshi Aihara, Munemoto Kani, Masahiko Yokoyama, Satoru Ikeda, Hyeon-Seon Ahn,
and Yutaka Wada
Geophysical Journal International

193, 122-135
2012/11

10.1093/gji/ggs111



9 研究論文(その他学術会議資料等)
共著
中新世の室生火砕流堆積物.
佐藤隆春・中条武司・和田穣隆・鈴木桂子
地質学雑誌

補遺, 53-69
2012/09

10.5575/geosoc.2012.0039



10 研究論文(大学,研究機関紀要)
共著
奈良県川上村瀬戸および中奥付近に露出する複合岩脈.
和田穣隆・新正裕尚・高島紫野
奈良教育大学紀要(自然科学)

60/ 2, 29-36
2011/11





11 研究論文(学術雑誌)
共著
Paleomagnetism of the Middle - Late Jurassic to Cretaceous red beds
from the Peninsular Thailand: Implications for collision tectonics.
Yamashita,I., Surinkum,A., Fujihara, M., Yokoyama, M., Zaman, H., Otofuji, Y.-i.
Journal of Asian Earth Sciences

40, 784-796
2011/02

10.1016/j.jseaes.2010.11.001



12 研究論文(学術雑誌)
共著
紀伊半島中央部,中奥火砕岩岩脈の産状と形成過程-奈良県川上村中奥ヒボラ谷の例-.
北嶋亜以子・和田穣隆
地質学雑誌

116, 510-521
2010/09





13 研究論文(学術雑誌)
共著
紀伊半島中央部,宮ノ谷複合岩脈の産状から推定されるマグマ混合及びカルデラとの関係.
高島紫野・和田穣隆・新正裕尚
地質学雑誌

116, 496-509
2010/09





14 研究論文(学術雑誌)
共著
奈良盆地周縁部の玉手山凝灰岩・石仏凝灰岩の火山ガラスおよび全岩の化学組成.
新正裕尚・岩野英樹・和田穣隆・折橋裕二・角井朝昭・檀原徹
地質学雑誌

116/ 8, 447-452
2010/08





15 研究論文(学術雑誌)
共著
Significance of serpentinization of wedge mantle peridotites beneath Mariana forearc, Western Pacific.
Murata, M., Maekawa, H., Yokose, H., Yamamoto, K., Fujioka, K., Chiba, H, and Wada, Y.
Geosphere

5, 90-104
2009/04

10.1130/GES00213.1



16 (MISC)研究論文
共著
火道内での破砕と溶結の繰り返し-紀伊半島中央部,中奥火砕岩岩脈における地質学的証拠-.
和田穣隆・三浦大助
月刊地球

31, 35-40
2009/01





17 (MISC)研究論文
共著
陥没カルデラ-テクトニクスの役割-.
三浦大助・和田穣隆
月刊地球(号外)

60, 105-111
2008/12





18 (MISC)研究論文
共著
紀伊半島中央部,大峯地域の火砕岩岩脈-火砕噴火の推定火道の産状-.
和田穣隆・長澤可奈子
月刊地球(号外)

60, 91-97
2008/12





19 研究論文(学術雑誌)
共著
瀬戸内火山岩の流紋岩質岩の起源について-「紀伊半島中新世珪長質火成岩類の全岩組成の広域的変化」への討論に対する回答.
新正裕尚・折橋裕二・和田穣隆・角井朝昭・中井俊一
地質学雑誌

114/ 7, 384-386
2008/07





20 研究論文(学術雑誌)
共著
New age constraints on counter-clockwise rotation of NE Japan.
Baba, A.K., Matsuda, T., Itaya, T., Wada, Y., Hori, N., Yokoyama, M., Eto, N., Kamei, R., Zaman, H., Kidane, T., and Otofuji, Y.
Geophysical Journal International

171, 1325-1341
2007/12

10.1111/j.1365-246X.2007.03513.x



21 研究論文(学術雑誌)
共著
Effects of stress in the evolution of large silicic magmatic systems: an example from the Miocene Felsic Volcanic Field at Kii Peninsula, SW Honshu, Japan.
Miura, D., and Wada, Y.
Journal of Volcanology and Geothermal Research

167, 300-319
2007/11

10.1016/j.jvolgeores.2007.05.017



22 研究論文(学術雑誌)
共著
マリアナ前弧のオフィオライト基盤と蛇紋岩海山-かいれいKR06-15航海の成果を踏まえて-.
前川寛和・長田幸久・藤岡換太郎・千葉 仁・前田七生・横瀬久芳・藤本悠太・佐藤 創・山本鋼志・和田穣隆・平内健一・村田恵子・高江洲盛史
月刊地球

29, 599-605
2007/10





23 研究論文(その他学術会議資料等)
共著
室生火砕流堆積物と大台コールドロン.
室生団体研究グループ・和田穣隆
地学団体研究会第61回総会巡検案内書

255-274
2007/08





24 研究論文(学術雑誌)
共著
紀伊半島北部の室生火砕流堆積物と周辺に分布する凝灰岩の対比およびそれらの給源:軽鉱物屈折率を用いたモード分析によるアプローチ.
山下 透・檀原 徹・岩野英樹・星 博幸・川上 裕・角井朝昭・新正裕尚・和田穣隆
地質学雑誌

113, 340-352
2007/07





25 研究論文(学術雑誌)
共著
室生火砕流堆積物, 熊野酸性岩類および大峯花崗岩類のフィッション・トラック年代と同時性.
岩野英樹・檀原 徹・星 博幸・川上 裕・角井朝昭・新正裕尚・和田穣隆
地質学雑誌

113, 326-339
2007/07





26 研究論文(学術雑誌)
共著
紀伊半島中央部,中期中新世宮滝岩脈:火道内でのマグマ・ミングリングとその意義.
和田穣隆・藤田千夏・新正裕尚
地質学雑誌

113, 353-365
2007/07





27 研究論文(学術雑誌)
共著
西南日本弧前縁の圧縮テクトニクスと中期中新世カルデラ火山.
三浦大助・和田穣隆
地質学雑誌

113, 283-295
2007/07





28 研究論文(学術雑誌)
共著
紀伊半島中新世珪長質火成岩類の全岩組成の広域的変化.
新正裕尚・折橋裕二・和田穣隆・角井朝昭・中井俊一
地質学雑誌

113/ 7, 310-325
2007/07





29 研究論文(大学,研究機関紀要)
共著
奈良県川上村中奥に分布する火砕岩(tuffite)岩脈から見出された苦鉄質-中間質の本質岩片とその意義.
和田穣隆・丸目紘輔・新正裕尚
奈良教育大学附属自然環境教育センター紀要

6, 7-18
2004/03


機関リポジトリ


30 研究論文(学術雑誌)
共著
岩脈包有物のジルコンU-Pb年代から推定される奈良県吉野地域の中央構造線南方に伏在する中新世花こう岩質岩体.
新正裕尚・和田穣隆・折橋裕二・角井朝昭・中井俊一
地質学雑誌

109, 689-696
2003/12





31 研究論文(学術雑誌)
共著
Cenozoic remagnetization of the Paleozoic rocks in the Kitakami massif of Northeast Japan, and its tectonic implications.
Otofuji, Y.-i., Takemoto, K., Zaman, H., Nishimitsu, Y., and Wada, Y.
Earth Planet. Sci. Lett.

210, 203-217
2003/05





32 研究論文(大学,研究機関紀要)
共著
和歌山県三越峠付近の火砕岩岩脈の形成過程.
和田穣隆・青木真知子
奈良教育大学教育学部紀要

51/ 2, 25-35
2002/11


機関リポジトリ


33 研究論文(学術雑誌)
共著
江戸市内に降下し保存されていた富士宝永噴火初日の火山灰.
宇井忠英・荒井健一・吉本充宏・吉田真理夫・和田穣隆・服部伊久男・米田弘義
火山

47/ 3, 87-93
2002/07





34 研究論文(大学,研究機関紀要)
共著
紀伊半島中央部,奈良県川上村に分布する火砕岩(tuffite)岩脈の岩片・マトリックスの古地磁気学的研究.
和田穣隆・糸田千鶴
奈良教育大学自然環境教育センター紀要

5, 1-10
2002/03


機関リポジトリ


35 研究論文(学術雑誌)
共著
紀伊半島中央部,奈良県川上村中奥に分布する火砕岩(tuffite)岩脈.
和田穣隆・岩野英樹
火山

46/ 3, 107-115
2001/06





36 研究論文(大学,研究機関紀要)
共著
紀伊半島中央部,奈良県川上村と吉野町に分布する岩脈のマグマ流動方向.
和田穣隆・安藤将史・東山岳広
奈良教育大学教育学部紀要

49/ 2, 47-57
2000/11


機関リポジトリ


37 研究論文(大学,研究機関紀要)
共著
西南日本前弧の中期中新世火成岩体カタログ―その1:近畿地方.
新正裕尚・角井朝昭・和田穣隆
東京経済大学人文自然科学論集

110, 85-117
2000/09





38 研究論文(大学,研究機関紀要)
単著
紀伊半島中央部に分布する岩脈のK-Ar年代.
和田穣隆
奈良教育大学教育学部紀要

48/ 2, 7-14
1999


機関リポジトリ


39 研究論文(大学,研究機関紀要)
共著
高見山酸性火成岩-中央構造線上に分布するS-type花崗岩質岩-
和田穣隆・荒木美穂
奈良教育大学紀要

46/ 2, 1-15
1997


機関リポジトリ


40 研究論文(学術雑誌)
単著
Reply (to the comment on "On the relationship between dike width and magma viscosity").
Wada, Y.
Journal of Geophysical Research

100/ B8, 15543-15544
1995





41 研究論文(学術雑誌)
単著
On the relationship between dike width and magma viscosity.
Wada, Y.
Journal of Geophysical Research

99/ B9, 17743-17755
1994





42 研究論文(学術雑誌)
単著
Magma flow directions inferred from preferred orientations of phenocryst in a composite feeder dike, Miyake-Jima, Japan.
Wada, Y.
Journal of Volcanology and Geothermal Research

49, 119-126
1992





43 (MISC)研究論文
共著
アズキ火山灰の化学層序-マグマ組成の変化-.
西田史朗・和田穣隆
中川久夫教授退官記念地質学論文集

215-221
1991





44 研究論文(学術雑誌)
共著
隠岐島前岩脈群と丹後半島岩脈群のK-Ar年代
和田穣隆・板谷徹丸・宇井忠英
火山第2集

35/ 2, 217-229
1990