奈良教育大学
教育学部
学校教育講座

教授

豊田 弘司

トヨタ ヒロシ
TOYOTA Hiroshi

学歴

  1. 奈良教育大学 教育学部 小学校教員養成課程心理学専攻 1981 卒業
  2. 大阪教育大学 教育学研究科 教育心理学 博士前期 1983 修了

学位

  1. 博士(文学) 関西学院大学 1994/08/10

研究分野

  1. 認知心理学
  2. 社会心理学
  3. 教育心理学

研究キーワード

  1. 認知心理学・記憶
  2. 精緻化 教育心理学・学習習慣
  3. 情動知能
  4. 居場所 社会心理学・対人魅力
  5. 対人関係

研究テーマ

  1. 記憶の精緻化に関する研究 精緻化、自己生成精緻化、自己選択精緻化、自己修正精緻化 情動的精緻化、社会的精緻化 記銘項目に対して情報を付加することを精緻化と呼ぶ。精緻化は自己生成精緻化、自己選択精緻化、自己修正精緻化、情動的精緻化、社会的精緻化などがあり、その有効性が検討されている。 1985/06-2008/03
  2. 情動知能に関する研究 情動知能、統制の位置 情動知能尺度の開発、および情動知能が介在する変数への影響を検討した。 2003/04-2008/03
  3. 学力を規定する要因に関する発達的研究 学習習慣、情動知能 学業成績を規定する要因について、学習習慣、情動知能、基本的生活習慣、社会的生活習慣に注目した。そして、それぞれの要因について調査項目を作成し、学業成績との相関を学年ごとに分析した。その結果、学年によって学業成績を規定する要因に違いのあることが明確になった。 2004/08-2008/03
  4. 対人魅力に関する研究 対人魅力 どのような特性が、同性もしくは異性から好かれるのか、あるいは嫌われるのかという問題についての調査研究
  5. 居場所(「安心できる人」)に関する研究 居場所、安心できる人 安心できる人によって、日頃の生活における多くの心理的要因が影響を受ける。そして、その影響に介在する変数も存在する。

外部資金(競争的資金)等の研究課題

  1. 偶発記憶に及ぼす自伝的エピソードにおける処理属性と情動処理の個人差効果 基盤C 2011-2014
  2. 記憶における時間的展望性と情動性の効果 基盤C 2006-2009
  3. 記憶に及ぼす自己修正活動の効果に関する研究 基盤C 2002-2005
  4. 記憶に及ぼす自己選択精緻化の効果に関する研究 基盤C 1998-2001
  5. 記憶の発達を規定する活性化拡散領域限定に関する研究 基盤C 1995-1997

著書

  1. 新しい教職教育講座 教職教育編 教育心理学 豊田弘司 第5章 学習の基礎としての情報処理 ミネルヴァ書房 2019/03/20
  2. シリーズ心理学と仕事 学習心理学 豊田弘司 第3章 記憶のプロセスの研究:知識獲得のメカニズム 北大路書房 2018/12/20 978-4-7628-3048-8
  3. 古典で読み解く現在の認知心理学 豊田弘司・14 第10章 北大路書房 2017/09/10
  4. 英語教育学と認知心理学のクロスポイント-小学校から大学までの英語学習を考える- 豊田弘司・20 北大路書房 2016/02
  5. 本当のかしこさとは何か-感情知性(EI)を育む心理学- 豊田弘司・12 第2章 誠信書房 2015/02 978-4-414-31114-3

論文

  1. 研究論文(大学,研究機関紀要) 共著 大学生における反復学習に関する実践的研究 多根井重晴・豊田弘司 奈良教育大学 次世代教員養成センター研究紀要 奈良教育大学次世代教員養成センター 5, 19-25 2019/03/29
  2. 研究論文(大学,研究機関紀要) 共著 相手の普段と異なる行動が対人感情と原因帰属に及ぼす効果 豊田弘司・川﨑弥生 奈良教育大学 次世代教員養成センター研究紀要 奈良教育大学次世代教員養成センター 5, 1-7 2019/03/29
  3. 共著 座席位置における年齢差と自我構造 豊田弘司 多根井重晴 奈良教育大学紀要 67/ 1, 49-56 2018/11/30
  4. 共著 偶発記憶における分散効果と処理型の関係 豊田弘司 井上拓哉 奈良教育大学紀要 67/ 1, 39-48 2018/11/30
  5. 研究論文(大学,研究機関紀要) 共著 相手の印象と発言が対人感情と原因帰属に及ぼす効果 豊田弘司・田中俊行 奈良教育大学次世代教員養成センター研究紀要 14, 27-33 2018/03

研究発表

  1. 口頭発表(一般) 内的連想反応による反復における分散効果 関西心理学会第130回大会 2018/10/28
  2. 口頭発表(一般) 偶発記憶に及ぼす欲求処理の組合せ効果-生存欲求処理と親和及び自己実現欲求処理の比較ー 関西心理学会第130回大会 2018/10/28
  3. ポスター発表 偶発記憶における生存処理と自己準拠処理による分散効果 日本心理学会第82回大会 2018/09/25
  4. シンポジウム・ワークショップ パネル(公募) 学校教育実践に教育心理学の研究はどのように貢献するのか? 日本教育心理学会第60回総会 2018/09/17
  5. ポスター発表 偶発学習における分散効果ー生存処理と快ー不快処理の比較ー 日本教育心理学会第60回総会 2018/09/16

担当授業科目

  1. 心理学研究法
  2. 教育心理学
  3. 大学での学び入門
  4. 教職入門B
  5. 教育心理学実験

地域貢献、国際貢献、学会活動

  1. 授業研究指導 2019/01/21-2019/01/21
  2. 教育にとって大切なこと-生涯教育心理学の立場から 教研集会 2018/12/08-2018/12/08
  3. 日薬研究会(特別講演) 大学生の学習指導に関する教育心理学からの提案 2018/10/25-2018/10/25
  4. 城戸研究奨励賞選考委員長 2018/04/01-2019/03/31
  5. 日本教育心理学会 編集委員会副委員長 2018/01/01-2020/03/31

所属学協会

  1. 日本認知心理学会
  2. 日本発達心理学会
  3. 日本心理学会
  4. 日本基礎心理学会 -2010/03
  5. 関西心理学会 2013/04-現在

委員歴、役員歴

  1. 日本教育心理学会 教育心理学研究編集委員会 副委員長 2018/01/01-現在
  2. 関西心理学会 顧問 2017/04/01-現在
  3. 日本教育心理学会 理事 2015/04/01-現在
  4. 関西心理学会 会長 2013/04/01-2017/03/31
  5. 日本教育心理学会 理事 2007/04-2010/03