奈良教育大学
教育学部
学校教育講座

教授

片岡 弘勝

カタオカ ヒロカツ
KATAOKA Hirokatsu

学歴

  1. 名古屋大学 教育学部 教育学科 1985 卒業
  2. 名古屋大学 教育学研究科 教育学専攻 博士 1990 単位取得満期退学

研究分野

  1. 教育学

研究キーワード

  1. 教育
  2. 社会教育
  3. 生涯学習

研究テーマ

  1. 地域生涯学習・社会教育における学習論に関する理論的実証的研究 地域生涯学習、社会教育、学習論、地域 住民学習者の主体的な課題化学習が成立する条件と地域概念との連動に関して、理論的アプローチと実証的アプローチを試みている。理論面は、上原專祿思想の研究を軸にして進めている。 1985-現在

外部資金(競争的資金)等の研究課題

  1. 主体的課題化学習における「個志向と集団志向の緊張力学」に関する理論的実証的研究 基盤C 2010-2012
  2. 日本的地域概念と主体的課題化学習との連動に関する理論的実証的研究 基盤C 2007-2008

著書

  1. 「第11章 特別活動における学級討論づくりの視点と方法―『個と集団』に関する理論と実践展開方法―」、 渋谷真樹他編著『集団を育てる特別活動』ミネルヴァ書房、2015年2月、pp.169-182.に収載。 ミネルヴァ書房 2015/02
  2. 「特論 戦間期日本におけるドイツ・ロマンティーク発想の受容と特質 ―カール・ランプレヒトの紹介状況への一視点―」 、新海英行編『現代日本社会教育史論』日本図書センター、2002年3月、pp.160-176.に収載。 新海英行(編者)、高橋正教、松田武雄、伊藤めぐみ、中山弘之、辻浩、石原剛志、上野景三、片岡弘勝、遠藤由美、松浦崇、山崎由可里、浅野俊和、井上恵美子、大田高輝、益川浩一、杉山昌義、三枝明子、村瀬桃子、望月彰(以上は執筆順。新海英行以外は貢献度は同一) 日本図書センター 2002/03
  3. J.M.ネルソンの成人教育思想 -「相対主義的教育哲学」の物質- (小川利夫・新海英行編『GHQの社会教育政策』 大空社 1990

論文

  1. 研究論文(大学,研究機関紀要) 単著 上原專祿「死者・生者」論における「主体性」発動の基盤と契機-「他者」としての「死者」からの「切迫」と「有責性」- 片岡弘勝 奈良教育大学紀要  65/ 1, 1-19 2016/11
  2. 研究論文(大学,研究機関紀要) 単著 「地域の教育力」概念における地域づくりと主体的学習の動態性-上原專祿「地域」論研究に基づく再構成- 片岡弘勝 奈良教育大学紀要  64/ 1, 13-23 2015/11
  3. 研究論文(大学,研究機関紀要) 単著 上原專祿「主体性形成」論における「教育的」発想 ―社会教育における教育的価値把握のための視点― 片岡弘勝(単独執筆) 奈良教育大学紀要 第63/ 第1, 15-28 2014/11
  4. 研究論文(大学,研究機関紀要) 単著 上原專祿「主体性形成」論における「史心」の位置と構造 ―『史心抄』(1940年)にみる動態的認識方法― 片岡弘勝(単独執筆) 奈良教育大学紀要 第62/ 第1, 15-32 2013/11
  5. 研究論文(大学,研究機関紀要) 単著 上原專祿「主体性形成」論における認識深化の方法論理―固有の「リアリズム」を醸成する認識の動態性― 片岡弘勝(単独執筆) 奈良教育大学紀要 第61/ 第1, 13-26 2012/11

研究発表

  1. 口頭発表(一般) 上原專祿「主体性形成と学習」論研究(その11)―「死者のメディアとしての生者の主体性」の発想論理― 日本社会教育学会第63回研究大会(自由研究発表・会場=弘前大学) 2016/09/17
  2. 口頭発表(一般) 上原專祿「主体性形成と学習」論研究(その10)―「主体性」発動の基盤と契機― 日本社会教育学会第62回研究大会(自由研究発表・会場=首都大学東京・南大沢キャンパス) 2015/09/19
  3. 口頭発表(一般) 上原專祿「主体性形成と学習」論研究(その9)―「地域の教育力」概念の再検討― 日本社会教育学会第61回研究大会(自由研究発表・会場=福井大学) 2014/09/27
  4. 口頭発表(一般) 上原專祿「主体性形成と学習」論研究(その8)―その「教育的」発想の特質― 日本社会教育学会第60回研究大会(自由研究発表・会場=東京学芸大学) 2013/09/28
  5. 口頭発表(一般) 上原專祿「主体性形成」論における「史心」の位置と構造  ―『史心抄』(1940年)にみる動態的認識方法― 教育史学会第56回大会(会場=お茶の水女子大学) 2012/09/23

担当授業科目

  1. 生涯学習概論Ⅰ
  2. 生涯学習演習(生涯学習演習ⅠA)
  3. 生涯学習特論(大学院)
  4. 教育基礎課題研究
  5. 生涯教育計画特講Ⅱ

地域貢献、国際貢献、学会活動

  1. 奈良市生涯学習財団都跡公民館「あなたを彩る生涯学習ゼミナール」第2回でのパネルディスカッション「公民館と私」のコーディネーター(司会・コメンテーター)を担当 2015/10/31-2015/10/31 「あなたを彩る生涯学習ゼミナール」第2回での第2回でのパネルディスカッション「公民館と私」のコーディネーター(司会・コメンテーター)を担当した。パネラーは、都跡公民館自主グループ代表者・同公民館職員。
  2. 奈良市生涯学習財団都跡公民館「あなたを彩る生涯学習ゼミナール」第2回での講義「生涯学習および公民館 その歴史と概要」を担当 2015/10/31-2015/10/31 「あなたを彩る生涯学習ゼミナール」第2回での講義「生涯学習および公民館 その歴史と概要」を担当し、生涯学習および公民館の歴史(概要)および、学習や公民館での活動の公共性について解説した。

所属学協会

  1. 教育史学会
  2. 日本教育学会
  3. なら生涯学習研究会
  4. 日本社会教育学会