Nara University of Education
Graduate School of Education
Pedagogical Development

Professor

OYANAGI Wakio

  • Tel.0742-27-9295

Career

  1. 広島大学 助手 教育学部 1990/04/01-1991/03/31
  2. 常磐大学 専任講師 人間科学部 1992/04/01-1997/03/31
  3. 奈良教育大学 助教授 教育学部 1997/04/01-Present
  4. 奈良教育大学大学院 教授 教育学研究科教職開発専攻 2008/04/01-Present

Academic background

  1. Hiroshima University Graduate School, Division of Education 教育学 Doctor prophase 1990 Completed
  2. Niigata University Faculty of Education 1988 Graduated

Academic degrees

  1. Doctor of Education Hiroshima University 2008/03

Research Areas

  1. Educational Technology
  2. Pedagogy

Research keywords

  1. Instructional Design
  2. Educational Technology
  3. Teacher Education
  4. Media Pedagogy

Subject of research

  1. Study on the method of empirical Pedagogy in the Federal Republic of Germany Empirical Pedagogy,Germany - 1990-Present
  2. Study on Information Education Information Technology,Computer Education - 1992-Present
  3. - 研究方法、教師の成長、職能開発、学習組織 - 1997-Present
  4. - - 2004/04-Present
  5. - - - 2004/06-Present
  6. メディア教育に関する研究 ドイツのメディア教育学と日本のメディア教育の比較研究 2005/02-Present
  7. A Study on Program for Developing the Performance of Mentoring for Middle Leader Middle Leader,Mentoring, SchoolResearch 本研究は、経験ある教員の大量退職が近づく地域において、少数の中堅教員がこれまで以上に、学校研究をリードし、さらに若手教員への支援が求められてくることを鑑み、中堅教員に対して、どのような育成プログラムが有効となるのかについて、教員相互のメンターリングという機能・概念に着目し、分析検討を進めたものである。手続きとしては、先行研究として諸外国で研究されているメンターリング力養成に関わる研究などを参考としつつ、期待されているメンターリングの内容、そしてその機能を効果的に発揮させていくためのモデル図の作成を試みた。次に日本の学校で実際にミドルリーダーが取り組んだ先行事例の検討をこのモデル図を使って行い、ミドルリーダーに求められるメンターリング力をより日本の学校実践に即した形で具体化するよう試みた。最期に、これらの結果からさらにモデル図を洗練させ、ミドルリーダーのメンターリング力を効果的に育成するプログラム案(教育学研究科教職開発専攻:教職大学院等で、展開可能なコースワーク内容・方法)の検討を行った。現在は,教職大学院での取組を洗練させると共に,奈良県教育委員会が進めてきた,学校組織パワーアップの 2006/03-Present
  8. Study on Human-Computer Interaction Interaction, Instructional Methodology -

Proposed theme of joint or funded research

  1. 子どもとメディアに関する研究 子どもを取り囲む様々なメディアの変化に対して、子ども、保護者、学校、地域、教育行政とどのようにそのメディアとうまく付き合っていくかを理論的、実践的、実証的に検討する。 Wish to undertake joint research with industry and other organizations including private sector. Commisioned research
  2. ゲームインタフェースを用いた学習教材の開発研究 ゲーム携帯端末を利用した学習教材の効果に関する実証研究、及び、セカンドライフほか、ネットワークゲームのインターフェースを用いた教材のインターフェース設計に関する実証研究 Wish to undertake joint research with industry and other organizations including private sector. Joint research

Research Projects (Competitive Research Funds)

  1. 学校の組織的教育力向上に向けた専門職資本の開発・支援ツールの開発・評価研究 基盤C 2013-2015
  2. 学校の組織的教育力向上のためのリーダー支援プログラム及びツールの開発・評価研究 基盤C 2010-2012
  3. A Study on Policy concerning ICT Literacies for Teacher その他 2009-2009
  4. 異校園連携研究におけるミドルリーダーの役割の明確化及び情報共有支援システムの開発 基盤C 2007-2009
  5. 教員養成のためのe-Learningにおけるe-Moderating Methodの開発およびその評価に関する研究 Commisioned research 財団法人 松下視聴覚教育財団 2004-2005 特記事項(松下視聴覚教育助成 第10回研究開発助成)

Bibliography

  1. Lesson Study 小柳和喜雄・柴田好章編 はじめに,1章,4章 ミネルヴァ書房 2017/01/20
  2. 教育方法45 アクティブ・ラーニングの教育方法学的検討(分担章:教育の情報化(ICT活用)とアクティブ・ラーニング) 日本教育方法学会編 教育の情報化(ICT活用)とアクティブ・ラーニング 図書文化 2016/10/20
  3. One to One への道 1人1台タブレットPC活用の効果測定と教育委員会・学校の挑戦 清水康敬編著 奈良市の取り組みに関するコメント,第3章 今後の展開と関わって 教育同人社 2016/07/10
  4. 教育工学的アプローチによる教師教育(分担章:教師の力量概念に関する理論的動向) 木原俊行・寺嶋浩介・島田希 教師の力量概念に関する理論的動向ー諸外国と我が国におけるスタンダード開発をふまえてー ミネルヴァ書房 2016/03/15
  5. Resilient Teachers, Resilient Schools: Building and Sustaining Quality in Testing Times C.デーとQ.グー著,小柳和喜雄・木原俊行監訳 1章と6章 北大路書房 2015/11/10

Papers

  1. Research paper (bulletin of university, research institution) Only 学習活動に及びしている影響と効果を視覚化する方法 小柳和喜雄 奈良教育大学 教職大学院研究紀要 学校教育実践研究 奈良教育大学 9, 85-90 2017/03/31
  2. Research paper (bulletin of university, research institution) Only 養成と研修の内容・方法の連続性と非連続性に関する関係考察 小柳和喜雄 奈良教育大学 教職大学院研究紀要 学校教育実践研究 奈良教育大学 9, 1-10 2017/03/31
  3. Research paper (scientific journal) Only バリエーション理論を用いた養成プログラムの開発研究 小柳和喜雄 日本教育大学協会研究年報 日本教育大学協会 35, 89-101 2017/03/31
  4. Research paper (bulletin of university, research institution) Only 教職大学院における教員のためのICT活用指導力の育成プログラムの開発研究 小柳和喜雄 奈良教育大学 次世代教員養成センター研究紀要 奈良教育大学 3, 11-21 2017/03/31
  5. Research paper (bulletin of university, research institution) Only 米国のedTPAの取組についての論議に関する研究 小柳和喜雄 奈良教育大学 次世代教員養成センター研究紀要 奈良教育大学 3, 1-10 2017/03/31

Research presentations

  1. Poster presentation Developmental Studies for ICT utilization Leadership Training Program for the Teachers in Graduate Schools of Teacher Education International Conference SITE 2017 (Society for Information Technology & Teacher Education) 2017/03/07
  2. Oral presentation(general) 教員養成でパフォーマンス評価を用いる際の問題構造に関する研究 ―米国edTPAの論議と日本の教員養成における取組を通じて― 日本教育方法学会 第52回大会 2016/10/01
  3. Oral presentation(general) 技術に関する教育的内容知識(TPACK)」の養成及び研修プログラムに関する運用評価研究 日本教師教育学会 第26回大会 2016/09/18
  4. Oral presentation(general) A Study on the Development and Assessment method of the ICT Competency of Preservice Teacher The European Conference on Educational Research (ECER) 2016 2016/08/25
  5. Oral presentation(general) 小中一貫教育の実践校で見られる教員の不安と悩みに関する研究 -管理職と研究主任の声を中心に- 日本カリキュラム学会 第27回大会 2016/07/03

Alloted class

  1. 授業方法と学習形態の工夫(ITの活用含む)
  2. 学校実践1
  3. 学校実践2
  4. 教育工学演習
  5. 学校実践3

Regional contribution, international contributions, Society activities

  1. 平成27・28年度 荒川区教育委員会教育研究指定校 文部科学省 先導的な教育体制構築事業  荒川区立尾久小学校公開研究会 2017/02/24-2017/02/24 荒川区. 佐賀県. (武雄市). 福島県新地町といった実証地域. 選 定. 低コストで多種多様な端末に対応した. 教育ICTシステムの実証研究を実施
  2. 平成28年度奈良県学力向上フォーラム 2017/01/30-2017/01/30 平成28年度 奈良県学力向上フォーラム. 全国及び奈良県学力・学習状況調査の調査 結果を. 踏まえた取組例. 平成29年1月30日 県立教育研究所 ... 学習意欲の向上や 基本的な学力の定着を図る取組 http://www.pref.nara.jp/42118.htm
  3. 松阪市教育の情報化フォーラム 2017/01/12-2017/01/12 タブレット端末などを活用した教育の情報化について考えるフォーラム
  4. eスクール ステップアップ・キャンプ 2016 東日本大会 in 東海での講座,シンポジウムの担当 2016/12/10-2016/12/10 平成28年度ICT教育活用関連研修会として、アライアンス団体の一般財団法人日本視聴覚教育協会が主催、文部科学省共催、日本学校視聴覚教育連盟・全国放送教育研究会連盟が協賛する「eスクール ステップアップ・キャンプ 2016 東日本大会 in 東海」
  5. eスクール ステップアップ・キャンプ(教育ICT活用研修会)西日本大会(奈良県)での講座,シンポジウムの担当 2016/02/11-2016/02/11

Memberships of academic societies

  1. American Educational Research Association (AERA)
  2. NAPDS
  3. 日本カリキュラム学会
  4. AACE
  5. 日本教育工学会 2015/06-Present

Committee Career

  1. 日本カリキュラム学会 理事 2017/06/24-Present
  2. 日本教育工学会 理事 2017/06/17-Present
  3. 日本教育工学会 評議員 2015/06-2017/06
  4. 日本教師教育学会 編集委員 2014/09-Present
  5. 日本教育メディア学会 理事 2012/09-Present