Nara University of Education
Faculty of Education
Fine Arts Education

Professor

UDA Hideshi


Other affiliation / position

  1. Faculty of Education Fine Arts Education 2019.4-(from2009.4)文化会顧問
  2. Nara University of Education 2019年度自己評価委員会専門部会委員(2014-2018年度 自己評価委員会専門部会委員)
  3. Nara University of Education 2019-2020年度 教育研究評議会 評議員(2014年度および2015年度前期,2015年度後期及び2016年度,2017-2018年度評議員)
  4. Faculty of Education Fine Arts Education 2019年度 学部美術教育専修 入試担当委員(2015年度 学部美術教育専修 入試担当委員)(2012年度 学部美術教育専修入試担当教員/2012年度 地域推薦入試実施委員会委員)(2009年度 学部 身体・表現コース 美術教育専修 入試担当係/2009年度 地域推薦入試実施委員会 委員)
  5. Faculty of Education Fine Arts Education 2019年度 大学院新入生等向け研究倫理教育 講師
  6. Nara University of Education 2019-2020年度 学長選考会議委員
  7. Faculty of Education Fine Arts Education 2019年度教育学部AO入試共通選考実施専門部会 委員
  8. Nara University of Education 2018年度 不正防止委員会 委員/人を対象とする研究倫理審査委員会 委員
  9. Nara University of Education 2017-2018年度 大学院改組委員会 委員
  10. Nara University of Education 2017年度 科学研究費補助金ワークショップ 講師
  11. Nara University of Education 2017年度 次期教育課程検討委員会 WG委員
  12. Faculty of Education Fine Arts Education 2017年度 学部 教科教育専攻 美術教育専修 窓口教員(2014年度 学部 教科教育専攻 美術教育専修 窓口教員)
  13. Faculty of Education Fine Arts Education 2016年度 大学院 教科教育専攻 造形表現(美術・書道)・伝統文化教育専修及び学部美術教育専修 教務担当教員(2011年度大学院 美術教育専修 および学部 美術教育専修 教務担当委員)(2008年度 大学院 教科教育専攻 美術教育専修(書道、伝統文化・文化財を含む)及び学部身体・表現コース美術教育専修 教務担当委員)(2004年度 学校教育教員養成課程 身体・表現コース 美術教育履修分野教務担当委員)
  14. Nara University of Education 2016年度 教育学部次期教育課程策定検討委員会 委員
  15. Faculty of Education Fine Arts Education 2015年度 美術教育講座<美術、伝統文化・文化財>主任(2014年度 美術教育講座主任)(2010年度 美術教育講座主任)
  16. Faculty of Education Fine Arts Education 2015年度 大学院教科教育専攻美術教育専修<美術,伝統文化・文化財> 入試担当 委員
  17. Faculty of Education Fine Arts Education 2014年度 美術教育講座 修士課程検討部会 委員
  18. Nara University of Education 2013年度 自己評価委員会 委員
  19. Nara University of Education 2013年度 3Dプリンタシステムシステム一式の調達に関わる技術審査
  20. Nara University of Education 2011-2012年度 人事委員会 2012年度は委員長
  21. Nara University of Education 2011年度 教員養成カリキュラムWG
  22. Faculty of Education Fine Arts Education 2010年度 学部改組委員会委員
  23. Faculty of Education Fine Arts Education 2010年度 教育企画・教員養成カリキュラム委員会
  24. Nara University of Education 2010年度 教員養成カリキュラムWGメンバー
  25. Nara University of Education 2009-2010年度 教育実習委員会 2009は副委員長、2010は委員長
  26. Faculty of Education Fine Arts Education 2009年度 学部改組準備委員会
  27. Nara University of Education 2009年度 比留間良介教授名誉教授推挙のための功績調書作成(2007年度梶田幸恵教授名誉教授推挙のための功績調書作成)
  28. Faculty of Education Fine Arts Education 2009-2010年度 大学紀要委員会委員
  29. Nara University of Education 2009.4-2015.3奈良教育大学保育士養成プログラム運営委員会メンバー
  30. Nara University of Education 2008-2009年度 奈良教育大学後援会理事 2009年は理事長(2009年6月から)
  31. Nara University of Education 2008年度 附属学校部 連携委員
  32. Nara University of Education 2007-2008年度 教務委員会/2007年度 フレンドシップ事業運営委員会
  33. Nara University of Education 2007-2008年度専門職大学院等教育推進プログラム「幼保統合の「保育実践知」教育プログラム」プロジェクト
  34. Faculty of Education Fine Arts Education 2007-2009年度大学院教育改革支援プログラム「地域と伝統文化」教育プログラム 深化科目メンバー
  35. Nara University of Education 2006年度 教育実習委員会 副委員長
  36. Faculty of Education Fine Arts Education 2006-2007年度 教育実践総合センター運営委員会
  37. Nara University of Education 2005年度 入試室 室員
  38. Faculty of Education Fine Arts Education 2005年度 学校教育基礎ゼミナールI(ディベート)コーディネーター
  39. Faculty of Education Fine Arts Education 2005年度 教員養成GPプロジェクト
  40. Nara University of Education 2004-2005年度 教育実習委員会  2005年度は副委員長
  41. Nara University of Education 2003年度 学生委員会 委員(1998-1999年度 学生委員会委員)
  42. Nara University of Education 2003年度「特色ある大学教育支援プログラム」申請準備会 メンバー
  43. Nara University of Education 2001-2002年度 入学試験委員会 委員
  44. Faculty of Education 2001年度 学校教育教員養成課程身体・表現コース責任者/2001年度 学校教育教員養成課程運営委員会 委員
  45. Faculty of Education 2001年度 教養教育改善充実特別事業経費報告プロジェクトメンバー
  46. Faculty of Education Fine Arts Education 1999年度 就職委員会
  47. Faculty of Education Fine Arts Education 1998年度 学部改組ワーキンググループ 委員(旧組織美術科選出委員)
  48. Faculty of Education Fine Arts Education 1997-1998年度 入学試験委員会 委員(旧組織美術科選出委員)
  49. Faculty of Education Fine Arts Education 1996-1997年度 教育実践センター運営委員会委員

Career

  1. Tennoji Junior High School attached to Osaka Kyoiku University,Osaka part-time teacher of Fine Art 1987/04/01-1988/03/31
  2. Kumatori Municipal Kumatori Junior High School, Osaka full-time teacher of Fine Art 1988/04/01-1989/03/31
  3. Kumatori Municipal Kumatori-Minami Junior High School, Osaka full-time teacher of Fine Art 1989/04/01-1990/03/31
  4. Tennoji Junior High and High School attached to Osaka Kyoiku University,Osaka full-time teacher of Fine Art 1990/04/01-1996/03/31
  5. Nara University of Education Associate Professor (Art Education) 1996/04/01-2004/03/31
  6. Osaka Kyoiku University part-time teacher Methodologies of Art Education for Junior and Aenior High school 1997/04/01-1998/03/31
  7. Narabunka Women's College part-time teacher Arts and Handicraft 1998/10/01-2000/03/31
  8. Nara University of Education Associate Professor (Art Education) 2004/04/01-2007/03/31
  9. Nara University of Education Associate Professor (Art Education) 2007/04/01-2008/03/31
  10. Nara University of Education Professor (Art Education) 2008/04/01-Present
  11. Nara Saho College part-time teacher Methodology of Arts and Handicraft 2014/09/25-2015/03/31
  12. Nara Saho College part-time teacher Methodology of Arts and Handicraft 2015/10/01-2016/03/31
  13. Nara Saho College part-time teacher Methodology of Arts and Handicraft 2016/10/01-2017/03/31

Academic background

  1. Shinshu University Faculty of Education Fine Arts 1986/03 Graduated
  2. Graduate School, Osaka Kyoiku University Graduate School, Division of Education Art Education Master course 1988/03 Completed

Academic degrees

  1. Education Shinshu University 1986/03/20
  2. Master of Education Osaka Kyoiku University 1986/03/23

Licenses and qualifications

  1. 小学校教諭一種普通免許状(昭和六〇小一普第九八号)(長野県教育委員会) 1986/03/20
  2. 中学校教諭一種普通免許状 美術(昭和六〇中一普第壱四八号)(長野県教育委員会) 1986/03/20
  3. 高等学校教諭二種普通免許状 美術(昭和六〇高二普第壱五八号)(長野県教育委員会) 1986/03/20

Message from the teachers

[研究テーマについて]
<脱領域的な発想を生かした題材開発並びにそれを基にした授業研究>と<近代日本美術教育実践史研究>を二つの柱としています.
現在までに開発した授業題材としては,「夢たまご」,「ワンダーランドBOX」,「大昔の不思議な○○」,「魅惑の身体」,「正倉院展鑑賞ワークシート」,「アート・カード日本語編」 などがあります.
<近代日本美術教育実践史研究>では,山本鼎の自由画教育と国定教科書「新定画帖」,「造形遊び」の成立と展開,鑑賞教育問題の浮上と海外からの移入状況,教育改革と図工・美術教育 といったトピックに関して,「教師の<意識-規範・文化>」といった観点から考察を行っています.
[教育の方針について]
活力があり,周囲の状況を変えることのできる人を育てたいと思っています。そのために, 各自がもつ知的な好奇心を刺激する工夫を心がけるようにしています. 学部段階における卒業研究では,実践の中で活きる題材開発を, 大学院段階における修了研究では, 実践の歴史と題材を絡めながら授業研究を,それぞれ行っています.
[学会活動について]
平成15(2003)年12月20日開催美術科教育学会第5回西地区会<研究発表会in奈良>及び平成18(2006)年12月23日開催同学会第12回西地区会<研究発表会 in Osaka> では,「造形遊び」をテーマにして,研究発表・討議をコーディネートしました.2回あわせて,のべ約170名の参加者,約350名の概要集読者を得て,2回とも活発な会となりました.参加いただいた皆様ありがとうございました.
関連HP http://mailsrv.nara-edu.ac.jp/~udah/udaken/Designs/Untitled%20Design%202/gakkai.html
[講演のテーマについて-今まで以下のようなテーマで実施しました。]
「鑑賞教育の基本と展開」「夢たまご実習」「図画工作・美術教育と総合的学習」「造形遊びの変遷と課題」「図工・美術科における指導と評価」「学校教育における図画工作の現在と今後の課題」

Research Areas

  1. Curriculum Studies/Art Education

Research keywords

  1. Art Education
  2. Art and Handicraft
  3. Fine Art
  4. "Play" in Art Education
  5. 内発的動機づけ
  6. アートの拡がり
  7. 美術教育実践史

Subject of research

  1. Teaching Materials and Methodologies in Art Class Teaching Materials,Student,Art 図画工作・美術科の授業における題材研究を中心とした授業研究
  2. History of Art Education Practice Modernism,Art Education, Japan 教育実践の変遷
  3. Refreshment of Teacher in Inservice Education School Teacher,Refreshment Education Refreshment of Teacher in Inservice Education

Research Projects (Competitive Research Funds)

  1. Development of Teaching Themes and Model Taking "the Expanding of Art" into Art Class: Based on Concept of "Play" in Art Education Science research expense Grant-in-Aid for Scientific Research (C) The Japan Society for the Promotion of Science fund 2017/04/01-2020/03/31 https://kaken.nii.ac.jp/ja/grant/KAKENHI-PROJECT-17K04780/ The concept of “play” occupies a very important position in present-day art education in Japan. However, every word is essentially polysemous and the concept of “play” is no exception as it embraces many meanings. Because of this, the concept of “play” used in art education has a history of confusion and misinterpretation. The phrase/concept of “artistic play” referred to in the Art and Handicraft section of the New Curriculum Guidelines published by the Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology (MEXT) has been used in many different ways by various literary works, causing much confusion. This study intends to eliminate such confusion and misinterpretation by means of analysing in detail and affirming the concept of “play”, including the concept of “playful art study ” which is closely related to the actual practice of art education.
  2. 「教科領域横断的な学び」プロジェクト School's financial aid 2017/04/01-2019/03/31 学内共同研究
  3. Development of Teaching Themes and Model Based on Well-Developed Concept of “Play” in Art Education Science research expense Grant-in-Aid for Scientific Research (C) The Japan Society for the Promotion of Science fund 2014/04/01-2017/03/31 https://kaken.nii.ac.jp/en/grant/KAKENHI-PROJECT-26381201/           The concept of “play” occupies a very important position in present-day art education in Japan. However, every word is essentially polysemous and the concept of “play” is no exception as it embraces many meanings. Because of this, the concept of “play” used in art education has a history of confusion and misinterpretation. The phrase/concept of “artistic play” referred to in the Art and Handicraft section of the New Curriculum Guidelines published by the Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology (MEXT) has been used in many different ways by various literary works, causing much confusion. This study intends to eliminate such confusion and misinterpretation by means of analysing in detail and affirming the concept of “play”, including the concept of “playful art study ” which is closely related to the actual practice of art education.
  4. Research for the development of Artistic Expression topics and Appreciation materials which enable the utilization of experiences from Playing with materials, places and information, etc. and the design of its teaching course Science research expense 基盤C The Japan Society for the Promotion of Science subsidy 2010/04/01-2013/03/31 The ”experiences from Playing with materials, places and information, etc.”as used in the research title represents symbolically children’s primal experiences , trial and error and interdisciplinary thinking, etc. in artistic activities. Firstly, the transition of these experience of Playing in the history of art education are digested and discussed. We developed the Artistic Expression topics and the Appreciation materials which enable the utilization of experiences from Playing and, then, they were put into practice at elementary and junior high schools for verification. The results were reflected in a teacher training program at college and for incumbent teachers.<br />
  5. Linking "Playful Activities" in Elementary Schools to "Basic Skills Acquisition" in Lower Secondary Art Education and application to Teacher Education Science research expense 基盤C 2006/04/01-2009/03/31 https://kaken.nii.ac.jp/ja/file/KAKENHI-PROJECT-18530705/18530705seika.pdf

Bibliography

  1. 明日の小学校教諭を目指して 子どもの資質・能力を育む図画工作科教育法 全256頁 Tomoko FUKUKOKA, Takanori Nino, Hideshi UDA 「第5章第1節 図画工作科における研究授業づくり—教育実習での研究授業を中心として」(pp.p210-211),「第5章第7節 図画工作科教育の変遷—第二次世界大戦後70年の歩み」( pp.223-225). Hobun-Shorin Publishing Company, Inc. 2019/08/29 978-4893472878 URL 平成29年告示小学校学習指導要領、新しい【知識・技能】【思考・判断・表現】【主体的に学習に取り組む態度】の観点を踏まえて構成した図画工作科教育法の最新テキストである。 新しい学習指導要領で加えられた、「何ができるようになるか」「何を学ぶか」「どのように学ぶか」「子供一人一人の発達をどのように支援するか」「何が身に付いたか」「実施するために何が必要か」という6つの考えを踏まえ、図画工作科における学びの本質、内容や、基本的な指導を詳しく、わかりやすく具体的に解説した。また、そのための資料として、低・中・高学年、それぞれの「造形」「絵」「立体」「工作」「鑑賞」の活動を、実際の指導案例とともに解説した。そのほかに、様々な図画工作科の学びや、材料や技法もとりまとめて、視覚的にも理解しやすくカラー誌面で構成した。
  2. 美術教育学の歴史から<美術科教育学会叢書第二号> 全234頁 KANEKO,Kazuo 編集協力 Book Way Publishing Company, Inc. 2019/03/20 978-4-8658-4395-8 URL  本書は、美術科教育学会創立40周年を記念する事業として企画された『美術教育学叢書』の第2弾であり、これまで美術教育史研究を先導し牽引してきた金子一夫氏の責任編集による「美術教育史の歴史」をテーマとする論文集である。本書の編集上のねらいは、学会創立40周年を機に、美術教育学における歴史研究の成果を整理し、その到達地点を確認するとともに、今後の課題を明らかにすることである。それが金子氏執筆の「序章」に記された「『美術教育史の歴史』に範囲を絞り、美術教育史研究のレビューを踏まえた問題提起をする」という言葉の意味であろう。 本書は、美術教育史研究が到達し得た現在地点を確かめ、残された課題を知るための書である。
  3. 大阪の美術教育-造形教育試論- 全140頁 Minoru KWITOKU, Hideshi UDA 資料提供協力 Nihon-Bunkyo Publishing Company, Inc. 2018/12/26 URL
  4. 美術教育概論 新訂版 全238頁 Isao OHASHI, Hideshi UDA 第I部第4章 美術教育の変遷-その理念と思想(pp.28-33) Nihon-Bunkyo Publishing Company, Inc. 2018/10/10 978-4-536-60103-0 URL
  5. やわらかな感性を育む 図画工作科教育の指導と学び −アートの体験による子どもの感性の成長・発達− 全234頁 Hideshi UDA 「第1章 期待される小学校の先生・図画工作科を指導する先生 6.グローバル,グローカルの視点と造形教育」pp.23−26,「カラー頁」p.172,「第7章 題材研究「学びのユニットB」ー表現技法・多様な体験・個性的な世界への道−  25.我が国の美術・文化財,世界の美術・文化財」pp.228−233 Mineruba Publishing Company, Inc. 2018/03/31 978-4-623-08080-9 URL 教職科目「小学校図画工作科」のテキスト。小学校教諭の免許取得希望者や教育現場の図画工作科の指導法の研修希望者に、感性と創造的な表現の成長・発達の理解を踏まえた指導を深めさせる。アクティブラーニング型の学習方法を全面的に取り入れ、新時代のテキストを目指したつくり。学生が、テキストを単に読むだけでなく、教材研究として、自ら考えて、遊び体験をする、絵を描く、工作をつくる、美術文化にふれるなどの授業を展開する際の道しるべとなるテキストとする。

Papers

  1. (MISC) Other article Only 巻頭言 中央省庁「教育政策」文言に踊ることなかれ!! 「熟議」へ 宇田秀士 美術科教育学会通信(日本学術会議協力学術研究団体 http://www.scj.go.jp/ja/info/link/link_touroku_ha.html) 美術科教育学会 102, 1-2 2019/10/20 URL 巻頭言
  2. (MISC) Meeting report etc. Only 『美術教育学—美術科教育学会誌』第41号投稿案内 宇田秀士 美術科教育学会通信(日本学術会議協力学術研究団体 http://www.scj.go.jp/ja/info/link/link_touroku_ha.html) 101, 15-16 2019/06/30 URL 2019年度 美術科教育学会誌第41号の投稿案内
  3. (MISC) Meeting report etc. Only 平成30年度 日本教育大学協会 全国美術部門協議会 奈良大会 報告 Hideshi Uda 日本教育大学協会 全国美術部門 会報 No.53 53, 15-17 2019/06/24 URL
  4. (MISC) Meeting report etc. Only 第57回 大学美術教育学会 奈良大会 報告 Hideshi Uda 大学美術教育学会 会 報 No.37 37, 9-11 2019/06/24 URL
  5. Research paper (bulletin of university, research institution) Joint Developing the Teaching Materials Making Use of 3D Instrument for Art Class −Basic Research in Making Use of Personal Type 3D Scanner and 3D Copy Machine− UDA,Hideshi, KAYA, Shojiro ISSN.0919-3065 Bulletin of Teacher Education Center for the Future Generation 奈良教育大学 5(通巻41), 217-222 2019/03/29 0919-3065 Repository URL 本研究の目的は、個人向け3D機器を用いた<図画工作・美術科授業題材>開発のための基礎研究を行ない、その「適性」を見極め、日常の授業で用いる基盤をつくることである。先行研究・実践をふまえて、3D機器及び材料を実験的に使用し、<子供が作成した粘土造形物を3Dスキャンし、キーホールダーに仕上げる>試行的教育実践を行なった。3Dスキャンのための原型となる粘土作品の大きさや色、スキャン成功の要点、3Dコピーの材料についての特徴、3Dコピー打ち出し時間などを整理し、考察した。一連の実践の考察の中で、3D機器を用いた<図画工作・美術科授業題材>の可能性と課題を見いだした。

Research presentations

  1. Oral presentation(general) The Relation of Between Teaching Materials for Art and Comprehensive Learning: Taking “Expanded Concept of Art” in the Concept of “Play” into Consideration in Art Education 58th National Annual Convention of University Art Education Society in Japan 21st-22ed September 2019 2019/09/21 URL  <アート概念の拡がり>を見ていくならば,包括的な学習の中で美術教育を捉えていく立場も当然,考慮しなければならなくなる。日々の生活を送る人々の思考に任せていけば,いわゆる「総合的な学習」の中での美術的な学びが視野に入ってくることになるといえる。  さらに,ESD(Education for Sustainable Development: 持続可能な開発のための教育),STEAM(Science, Technology, Engineering, Arts, and Mathematics),「教科横断的な学び」なども視野にいれることになろう。そこでは,学習理論における知的好奇心,揺らぎ,拡散思考(−収束に対する)などが問題となる。
  2. Oral presentation(general) “Expanded Concept of Art” in the Concept of “Play”: Taking Teachers’ Awareness and Image of Practical Coursework into Consideration in Art Education 41st National Annual Convention of the Association of Art Education in Japan 26-27th March 2019 2019/03/27 URL  本発表では,「(1)<アート概念の拡張>の視点から」、「(2)包括的な学習の中でのひろがり」の2つの視点を中心に考察するが,それは結果的に,文科省学習指導要領の「幅広い表現活動」「社会の中の美術や美術文化と結ぶ」といった鍵語にも繋がっていくと考えられる。「遊び」概念における「アート概念の拡がりがもたらす柔軟な思考への誘い」は,どのような教師の意識に支えられてきたのか,そして,今後、どのような展開をすべきか,考えてみたい。
  3. Oral presentation(general) Developing the Teaching Materials Making Use of 3D Instrument for Art Class: Basic Research in Making Use of Personal Type 3D Scanner and Copy Machine 40th National Annual Convention of the Association of Art Education in Japan 29th March 2018 2018/03/30 URL 本研究の目的は、個人向け3D機器を用いた<図画工作・美術科授業題材>開発のための基礎研究を行ない、その「適性」を見極め、日常の授業で用いる基盤をつくることである。先行研究・実践をふまえて、3D機器及び材料を実験的に使用し、<子供が作成した粘土造形物を3Dスキャンし、キーホールダーに仕上げる>試行的教育実践を行なった。3Dスキャンのための原型となる粘土作品の大きさや色、スキャン成功の要点、3Dコピーの材料についての特徴、3Dコピー打ち出し時間などを整理し、考察した。一連の実践の考察の中で、3D機器を用いた<図画工作・美術科授業題材>の可能性と課題を見いだした。
  4. Oral presentation(general) Development of Subjects Based on “Expanded Concept of Art” Encompassing Intimate Artistic Experience, Modern Art and Traditional Culture: From Study on Well-Developed Concept of “Play” in Art Education The 35th InSEA(International Society for Education through Art) World Congress 2017 in Daegu, Korea 2017/08/08 URL We have analysed in detail and affirmed the concept of “play”, including the concept of “playful art activities ” which is closely related to the actual practice of art education. We presented flame work in which have two type art education, including the concept of “play”. This study focuses the practice of education, which invite to flexible thought resulting from the expanding concept of art. Therefore, “play” as “a methodology” in art education is the concept in which intrinsic motivation forms the central core in the sense that it stimulates the curiosity of children to facilitate their independent activities with a view to directing children towards targets set by themselves through the process of trial and error.
  5. Oral presentation(general) Aspects of the Concept of “Play” in Art Education: Taking the Teachers’ Awareness and Image of Practical Coursework into Consideration 39th National Annual Convention of the Association of Art Education in Japan 29th March 2017 2017/03/29 URL This work is an attempt to analyse the concept of “play” in art education. The vertical axis for this analysis consists of historical events, including literary work referring to the concept of “play”, the vision and practices of Kazuo Inui who can be described as a pioneer of the practice of applying the concept of “play” in art education, the vision and practices of the Group “Do” in Osaka, the introduction and extension of Playful Art study by the Ministry of Education and the development of educational practices against the background of the expanding concept of art. The horizontal axis consists of social and cultural circumstances for these historical events. The concept of “play” is shaped and discussed from the meta-dimension, taking the angle of “awareness, norms and culture” surrounding teachers into consideration.

Arts-based activities, field work, etc.

  1. Artistic Activity 2006/09/10-2006/09/17
  2. Artistic Activity 物体-X2、油彩画、F50号、第39回長野県展 洋画部門 1986/08/29-1986/11/16

Alloted class

  1. 中等教科教育法(美術)III
  2. 美術教育特講II
  3. 大学院 図工・美術教育学特論 昼間
  4. 幼児の造形
  5. 初等教科実践指導

Educational activities

  1. 平成31年度/令和元年度  教員採用試験実技対策講座 幼児の造形表現 2019/05-2019/08
  2. 平成30年度  教員採用試験実技対策講座 幼児の造形表現 2018/06-2018/08
  3. 平成29年度  教員採用試験実技対策講座 幼児の造形表現 2017/06-2018/08
  4. 平成28年度  教員採用試験実技対策講座 幼児の造形表現 2016/06-2016/08
  5. 平成27年度  教員採用試験実技対策講座 幼児の造形表現 2015/05-2015/06

Regional contribution, international contributions, Society activities

  1. 令和元(2019)年度美術科教育学会誌第41号投稿論文査読 7編 2019/09-2019/12
  2. 令和元(2019)年年度大学美術教育学会誌 投稿論文査読(1編) 2019/09-2019/10 査読
  3. 美術科教育学会[叢書委員会] 委員 2019/04-2020/03
  4. 美術科教育学会『美術教育学』賞選考委員会委員 2019/04-2020/03
  5. 美術科教育学会 学会誌編集委員長 2019/04-2020/03

Memberships of academic societies

  1. The Association of Art Education, Japan
  2. The Society of Art Education in University, Japan
  3. In SEA(The International Society for Education through Art)
  4. The Art Education Society of Japan
  5. NAEA (NATIONAL ART EDUCATION ASSOCIATION)

Committee Career

  1. 日本教育美術連盟 Councillor, Federation of Art Education in Japan 2017/04-Present
  2. 日本教育美術連盟 Councillor, Federation of Art Education in Japan 2016/04-Present
  3. 日本教育美術連盟 Councillor, Federation of Art Education in Japan 2015/04-Present
  4. The Association of Art Education, Japan 理事(2015.4-2016.3) 2015/04-2016/03
  5. 日本教育美術連盟 Councillor, Federation of Art Education in Japan 2014/04-Present