奈良教育大学
教育学部
理科教育講座

教授

石田 正樹

イシダ マサキ
ISHIDA Masaki

経歴

  1. University of Hawaii, Department of Microbiology 博士研究員(ポスドク) 1992/09-1996/03
  2. 理化学研究所フォトダイナミクス研究センター光生物チーム  光生物チーム フロンティア研究員 1996/04-1997/02
  3. 三重大学医学部生理学第一講座 文部科学教官助手 1997/03-2003/02
  4. 理化学研究所フォトダイナミクス研究センター光生物チーム  光生物チーム 非常勤研究員(兼任) 1997/04-1997/09
  5. 三重大学教育学部理科教育 非常勤講師(兼任) 生物学実験分担 2002/04-2003/03
  6. ユマニテク歯科衛生専門学校 非常勤講師(兼任) 生理学担当 2002/05-2003/02
  7. 奈良教育大学理科教育講座生物学教室 文部科学教官助教授 2003/03-2009/03/31
  8. 高知大学理学部 講師 (兼任)「生物科学特講」担当 2003/09/01-2003/09/30
  9. 三重大学教育学部 理科教育 非常勤講師(兼任) 生物学実験分担 2006/04/12-2007/03/31
  10. 山口大学大学院理工学研究科 非常勤講師(兼任) 生物学特殊講義担当 2008/04/01-2009/03/31
  11. 奈良教育大学理科教育講座生物学教室 教授 2009/04/01-現在
  12. 静岡大学理学部 非常勤講師(兼任) 細胞構造学担当 2013/06/01-2014/03/31
  13. 奈良教育大学自然環境教育センター センター長 2014/04/01-2016/03/31

学歴

  1. 広島大学 生物圏科学研究科 細胞機能科学 博士前期 1989/03 修了
  2. 広島大学 生物圏科学研究科 細胞機能科学 博士後期 1992/03 修了
  3. 高知大学 理学部 生物・動物生理学 1987 卒業

学位

  1. 理学士 高知大学 1987/03
  2. 学術修士 広島大学 1989/03
  3. 博士(学術) 広島大学 1992/03

研究分野

  1. 科学教育・教育工学
  2. 細胞生物学
  3. 動物生理・行動

研究キーワード

  1. 細胞生物学
  2. 動物生理・行動
  3. 科学教育・教育工学

研究テーマ

  1. 細胞の浸透圧調節に関する研究 液胞型プロトンポンプ,収縮胞 - 1992-現在
  2. 細胞の食作用機構に関する研究 酸性小胞,ライソリーム,食胞 - 1992-現在
  3. 細胞内小胞輪送に関する研究 細胞質ダイニン,微小管 - 1992-現在

外部資金(競争的資金)等の研究課題

  1. 繊毛病に関する繊毛打制御の分子機構の解析 基盤C 2009-2011
  2. 気候変動が引き起こす原生動物の多様性減少モニタリングのための分類学的基盤の構築 基盤B 2009-2009
  3. ゾウリムシの細胞内膜輸送に関する研究 その他 2007/04-2010/03
  4. ミドリゾウリムシにおける排他的細胞内共生システムの成立機構 基盤C 2004-2006
  5. 『男と女とオスとメスー性の進化をさぐる』 公開講座 受託研究 三重大学教育学部 2001/11-2001/11 特記事項(独立行政法人国立オリンピック記念青少年総合センター助成金  )

著書

  1. デジタルプランクトン図鑑:さぎ池(浮見堂)でくらすプランクトン 勝原崇、石田正樹 奈良教育大学 2015/03
  2. 研究者が教える動物飼育 第1巻 ゾウリムシ,ヒドラ,貝,エビなど・ゾウリムシ 大畠(尾張)慶子、石田正樹 共立出版(東京) 2012/05 978-4-320-05718-0
  3. 奈良教育大学附属幼稚園デジタルむしずかん 西野愛美子、石田正樹 奈良教育大学理数教育研究センター 2012/03

論文

  1. 研究論文(学術雑誌) 共著 Improved isolation method to establish axenic strains of Paramecium Masaki ISHIDA and Manabu HORI Jpn. J. Protozool. Japan Society of Protistology 50/ 1,2, 1-14 2017/11/30 10.18980/jjprotozool.JJP16-05
  2. 研究論文(大学,研究機関紀要) 共著 脂質親和性プローブを用いたゾウリムシ収縮胞複合体膜の動態解析 喜多村美香, 石田正樹 奈良教育大学自然環境教育センター紀要 奈良教育大学自然環境教育センター 18, 1-7 2017/03/20 2188-7187 本研究では、収縮胞複合体を構成する膜区画間での膜融合の動態を可視化するために、脂質親和性の高い蛍光色素であるFM 4-64 を用いてゾウリムシの膜を染色し、いくつかの新しい知見を得た。
  3. (MISC)会議報告等 共著 公開シンポジウム「紀伊半島の自然災害と防災教育を考える」の報告 辻野亮、石田正樹 奈良教育大学自然環境教育センター 自然と教育 26, 11-15 2016/05/01 奈良教育大学自然環境教育センター、理数教育研究センター、ならびに保健センターの三センターが主催する本公開シンポジウムでは、3名のシンポジストを迎え、本学事務棟2階大会議室にて開催された。一般ならびに本学の学生・教員を含め52名の参加者を得て、活発な質疑応答が行われ、地域ならびに本学の防災意識と知識の向上につながる有意義な勉強会となった。
  4. 研究論文(大学,研究機関紀要) 共著 共焦点レーザー顕微鏡を用いた3D教材の開発 徳野陽子、石田正樹 奈良教育大学自然環境教育センター紀要 15, 35-43 2014/03
  5. 研究論文(大学,研究機関紀要) 共著 持続可能な社会に向けた幼児教育実践の試み -知的発達を啓培する体験活動の検討- 玉村公二彦・竹内範子・長谷川かおり・木村公美・清水智佳子・原田真智子・川渕洋子・大原千晶・中澤静夫・石田正樹 教育実践開発研究センター研究紀要 奈良教育大学教育実践開発研究センター 22, 229-234 2013/03 機関リポジトリ 文化遺産や自然環境に関する視聴覚教材の開発と利用を中心として幼児の知的発達を啓培する体験的活動のプロジェクト報告として、持続発展教育ないし持続可能な社会をめざした教育に焦点をあてて、国連やユネスコの取り組みに即して、国際的な文書を紹介しつつ幼児教育の今日的課題を示す試みを行った。さらに、幼児の知的発達を促す保育・教育として自然環境や社会環境との関係で体験的にふれあったものをいっそう系統的な認識として発展させることを企図した試みを報告した。これらの取り組みは、これまでの幼稚園での実践をもとに、幼児の知的発達を啓培する体験的活動を組織化の可能性を示すと共に、それを自然認識や社会認識として定着させる視覚教材等の開発を行う一歩となった。

研究発表

  1. 口頭発表(一般) ゾウリムシの機械刺激応答に関する研究 第50回日本原生生物学会大会 2017/11/18 URL ゾウリムシは細胞後端に機械刺激を受けると,逃走反応と呼ばれる前方への速い遊泳を示す。逃走反応を示す細胞では,過分極が起こり,細胞内cAMP濃度の上昇によって,軸糸タンパク質がリン酸化されることで,繊毛打頻度の上昇が起こると考えられている(Naitoh & Eckert, 1969; Hamasaki et al., 1991; Schultz et al., 1992他)。しかし,どのようにして機械刺激を受容しているのかはわかっていないため,他の生物で報告されている機械刺激受容体や膜結合型アデニル酸シクラーゼ (AC) をサイレンシングすることで,機械刺激受容の仕組みを調べた。その結果,Stomatin様タンパク質をサイレンシングすると機械刺激を与えても逃走反応を示さず,過分極も起こらなくなることがわかった。また,機械刺激の受容にはICLが必要であることもわかった。
  2. シンポジウム・ワークショップ パネル(公募) シンポジウム S20 (数ミリ以下の動物学?) 小さな動物たちの多様な生き様 「教科書通りにいかないゾウリムシの収縮胞」 第88回日本動物学会大会(富山)  2017/09/22 URL 本発表では、ゆとり教育時代から現在の脱ゆとり教育に至る高等学校教科書改訂の変遷をゾウリムシに特化した視点でたどりながら、教科書におけるその模式図や収縮胞の実験方法に関する記述に関して、研究に従事する者からの視点で解説を行い、著者がこれまでに用いた手法や極端な浸透圧処理が導く収縮胞の形態変化といった一般にはあまり知られていない現象に関して紹介した。
  3. シンポジウム・ワークショップ パネル(公募) シンポジウム  S3 ゾウリムシ研究の新潮流「ゾウリムシ収縮胞複合体における機能分子としての液胞型プロトンポンプとアクアポリン」 第88回日本動物学会大会(富山) 2017/09/21 URL 本発表では、これまでの収縮胞研究の歴史を紹介しながら、著者が関わった研究として、主に液胞型プロトンポンプやアクアポリン分子に関する研究を紹介した。
  4. その他 演題 O-14~O-16の座長 第48回日本原生生物学会大会-日韓合同シンポジウム 2015/11/08
  5. ポスター発表 ゾウリムシの単離法と無菌培養法 第48回日本原生生物学会大会-日韓合同シンポジウム 2015/11/08

受賞学術賞

  1. 自然科学への扉に 奈良教育大学附属幼稚園デジタルむしずかん 2012/05/22
  2. ネットに水生生物図鑑~顕微鏡の使い方や採集方法も~奈良教育大学の石田教授ら 水の中の小さな生き物ずかん(水棲プランクトンずかん) 2009/06/01

担当授業科目

  1. 新理数教育Ⅰ
  2. 新理数教育 III
  3. 新理数基礎ゼミナールI
  4. 先端科学の基礎概念
  5. 系統学実験

教科書・教材

  1. センター共同防災プロジェクト 2016/09 2015年度より開始した本プロジェクトにより得られた防災教育に関する知見を、広く地域社会に還元するために、また、今後本プロジェクトにより実施される様々な活動に本学全体や地域社会の方々がより多く参加していただくために、ホームページを開設した。本プロジェクトが中心となり、これまでに構築した地域連携の基盤をさらに強固なものとすることで、本学ミッション“地域の教員養成機能に関して中心的役割を果たす”ことを目指している。

地域貢献、国際貢献、学会活動

  1. 自然環境教育センター紀要への投稿論文審査 2018/01/16-2018/01/16
  2. 自然環境教育センター紀要への投稿論文審査 2017/11/29-2017/11/29
  3. SSH理科 奈良教育大学での実験研修への参加「蛍光顕微鏡を用いたゾウリムシの自家生殖過程の観察」 2017/09/14-2017/09/14 奈良高校SSH関連の実験授業として、奈良高校SSP理科の生徒約21名を対象に、本学理科教育講座生物学大実験室にて、2017年9月14日(金)15:10〜17:10 に「SPP理科 奈良教育大学での実験研修への参加」を開催した。2015年度より始まり、今年で3年目となる。研修では、サイエンスライティングに関する授業を最初の1時間程行い、10分程度の休憩後に、ゾウリムシの生殖とそれに伴う核の形態変化に関する授業を30分程行った。そして最後に、ゾウリムシにおける有性生殖過程や無性生殖過程の核の形態変化を蛍光顕微鏡観察により行った。4人グループの5つの班に分かれて、3台の蛍光顕微鏡を順次交代で観察してもらった。
  4. サマースクール2017イン曽爾 サエンスルーム「虫とり」 2017/08/26-2017/08/26
  5. 教員免許更新講習 2017/08/23-現在 石田:原生生物を材料とした自身の研究に基づき、現代生命科学の基礎である細胞生物学について講義を行う。

所属学協会

  1. 日本細胞生物学会
  2. 日本比較生理生化学会
  3. 日本原生動物学会
  4. 日本動物学会

委員歴、役員歴

  1. 日本原生動物学会 評議員・編集委員長 2009/11-2011/11
  2. 日本動物学会 近畿支部委員 2004/12-2005/12